パッコン寸前のリシア

シェアする

aqua

 水中のリシアは、二酸化炭素を添加して光量を多くしている環境では光合成を盛んにしてくれて酸素の泡をいっぱい付けてくれるので本当にきれいなのですが、成長も本当に早いので、写真のようにすぐに浮き上がってきてしまいます。

 浮き上がってきたときは、上に石を置くことで、しばらくは何とかなるのですが、また数日たてば、結局は浮き上がってきてしまいます。

 昔からパソコン通信ではリシアパッコンと呼ばれていました。こうなってしまうと、下にあるリシアネットの中にリシアをまた入れて、育成するような形になります。

 最初のうちはリシアネットが見えてしまうので格好がわるいのですが仕方がありません。このリシアネットは以前報告したように、100円ショップで売られていたステンレス製の角形ネットです。

 最近は100円ショップで色々なものが入手できるようになったので本当に便利になりました。リシアがパッコンすることを防ぐ小石も実は100円ショップのダイソーで扱われていたものです。

世界の水草728種図鑑―アクアリウム&ビオトープ
エムピージェー
吉野 敏(著)
発売日:2005-11
発送時期:通常24時間以内に発送
ランキング:39722
おすすめ度:4.0
おすすめ度4 現状もっとも充実した鑑賞水草図鑑
スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク