レノボ・ジャパンにおけるTHINKPADの発売

シェアする

thinkpad x40

 IBMからTHINKPADに係る事業をレノボに移管するという衝撃的な発表のあと、着々と移管作業は進められていたようで、このほど、レノボジャパンの公式サイトが立ち上がりました。

 THINKPADの商品紹介サイトについても、こちらに引き継がれています。

 しかし、各種リンクを参照していくと、ドメインがIBMのところに戻ったり、またレノボのドメインになったりもするので、まだ移行中の部分もあるのでしょうか。

 一方でIBMのサイトの方でも、ノートブックパソコンのリンクからとどって行くとTHINKPADに行き着くことができます。

 TOPページにはTHINKPADという標記は見当たらなくなってしまいましたが、まだ、完全な削除は行っていないようではあります。

 IBMはハードディスク事業を日立に譲渡したときも驚きましたが、今回のTHINKPAD事業の譲渡についても本当に驚きました。
どちらもIBMにとっては消費者から見ると見えやすい商品だったのですが、ここを譲渡してしまったことで、あとは電気屋さんでIBM製品を見られるとしたら、ソフトウェアのホームページビルダー程度になってしまうのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. レノボとシンクパッド(つまりレノボとアイビーエム)

    こちらのブログを読んで感想です
    レノボ社が誕生して、わずか数日、
    シンクパッドはそのままひき次がれるようで、
    レノボ社に感謝。
    両者の関係は強いのかな?
    ア…