iPodからも私的録音録画補償金徴収

シェアする

ipod

 今日の朝日新聞の記事によると私的録音録画補償金という制度が1992年より導入されており、その範囲にiPodなどの携帯デジタル音楽プレーヤーもその範囲に入れたいという話しが出ているそうです。

 現時点、MDプレーヤーが1台あたり数百円、MDの媒体が4円というオーダーで、MP3プレーヤーも数百円のオーダーにしたいという意向です。

 もともと、私的録音については法律で認められていますが、デジタル録音されたものについては音質の劣化無しにどんどん複製を作ることができるため、例外としてお金の徴収を実施しているようです。

 デジタルという理由だけで、私的録音の範囲にとどめているにもかかわらず、複製することを前提にして一律にお金を徴収されてしまうのは、なかなか納得ができない制度だと思います。

【2013/07/14追記】

 その後、こちらの話しがどうなったのかについては、

 ☆私的録音録画補償金制度 – Wikipedia

Wikipediaに詳しく書かれていました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント

  1. 新しがり屋 より:

    斬新なデザイン・低価格のデジタル音楽プレーヤー

    PCデポの5000円を切る超小型デジタル音楽プレーヤー。