ドラマ 「スウィートホーム(SWEET HOME)」

シェアする

 今日、家に帰ってからDVDレコーダーに録画しておいた番組を見ていると、スイートホームというタイトルがありました。お昼のドラマはスイーツドリームなので明らかに違います。もしかすると、山口智子が主演していた、あの名作ドラマではないかと思いつつドラマを見始めると、確かにそのドラマでした。

 1994年に東芝日曜劇場の枠で放送されていた人気ドラマです。転勤に伴い東京のお受験地獄のまっただ中に引っ越してきた家族をコメディタッチで描くドラマと言えばよいでしょうか。私の大好きなドラマです。

 テーマ曲は小泉今日子のMy Sweet Homeという曲で、とてもテンポの良い曲です。この曲も大好きだったりします。探してみると今では小泉今日子のベストアルバムでしか手に入れることができないようです。

小泉今日子/KYON3
小泉今日子/KYON3


 第一話は北海道から東京へ自家用車を使って引っ越してくる場面から始まります。長男の翼君は幼稚園に入るのですが、その幼稚園は名門の受験幼稚園。そこに通う園児達はベンツで送り迎えされるほどの環境のようです。もともと、翼君のお母さん(井上若葉:山口智子)もお父さん(布施博)もお受験なんていうものには一切の関心がありませんでした。にも関わらずお母さんの若葉さんにはお受験の話しがどんどん聞こえてきます。そんなこんなのうちに知り合った人に紹介されて、塾の体験入会へ行き、そのままお受験戦争へとまっしぐらに向かっていきます。

 この受験塾、先生役は野際陽子が演じています。この先生役が実にいいです。モーレツな教え方の裏には子供を思いやる姿も時折見せて、なかなか味のある演技をしています。この先生からも若葉はどんどんと影響を受けていってしまいます。(この山口智子と野際陽子の組み合わせではこのスィートホームが放送される前年に放送されたダブルキッチンでも共演していて話題になっていました)

 こんな受験戦争の中にいてもお父さんの方はいたってのんきです。お受験なんか一切興味なしという感じで何話かが過ぎていきますが、だんだんと回が進んでいくうちにお父さんの行動にも変化が現れます。

(2006/10/24追記)

 今日は第二話を見ていました。塾がおわったあとに公園近くから会社へ電話をしていたのですが、公衆電話を使っています。10年も前ならば当然の風景だったのですが、今ではこのような公衆電話ボックス自体、みかけなくなってきたような気がします。携帯電話の登場によって、これだけ大きな変化があったというのをつくづくと感じてしまいました。

(2006/10/25追記)

 翼君のお父さんが通っている会社は、竹橋にあるパレスサイドビルのようですね。以前、ここにあったドコモショップにカシオペア(PDA)を買うときに行った記憶があります。このパレスサイドビルは毎日新聞社がほとんどの階を使っていたかと思います。東西線の竹橋駅に直結していて、首都高速道路と皇居にはさまれるようにして立っている大きなビルです。

(2007/04/01追記)

 このドラマのDVD-BOXが発売されるようです。アマゾンの商品ページへのリンクを掲載しておきます。この機会にいかがでしょうか。2007年の4月25日の発売予定です。これだけ昔のドラマであるにもかかわらず、今になってDVD-BOX化されるというのも、このドラマの人気の表れだと思います。

スウィート・ホーム
TCエンタテインメント
布施博(アーティスト)山口智子(出演・声の出演)とよた真帆(出演・声の出演)段田安則(出演・声の出演)深浦加奈子(出演・声の出演)金田明夫(出演・声の出演)瀬戸朝香(出演・声の出演)益田圭太(出演・声の出演)高樹沙耶(出演・声の出演)西荻弓絵(その他)
発売日:2007-04-25
発送時期:近日発売 予約可
ランキング:2927
おすすめ度:5.0
おすすめ度5 今も昔も変わらない
おすすめ度5 面白くて深い
おすすめ度5 笑いと感動
おすすめ度5 明るく元気にお受験

 このドラマ自体、もうかなり昔のドラマになってしまいました。ネットで検索をしているとsweethomeに出ていた翼君は今は何をやっているのかといったQ&Aが掲載されているサイトもありましたので参考にリンクを掲載しておきます。
 ★昔のドラマ「SWEET HOME」に出演していた子役のつばさ君はどこへ。 – Yahoo!知恵袋

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク