映画 かもめ食堂

シェアする

かもめ食堂 [DVD]

 昨日は会社が終わったあとに飲んでいたので自宅の最寄り駅に着いたのは午前様でした。そこから家まで帰る途中にゲオがあります。まだ店舗があいていたので、株主優待券を使って新作ソフトを借りて帰ってきました。

 そのうちの一つが「かもめ食堂」です。この映画、なんだかとっても不思議感が漂う映画です。特に凄い演出があるわけでもないような気がするし、ストーリーは淡々とすすんでいくのですが、何だか映画の世界の中に引き込まれていくような感じがします。

 まず映画を見ていると、身の上話のあとに「かもめ食堂」が出てくるのですが、ここは日本ではありません。北欧の街のようです。調べてみると、かもめ食堂はフィンランドのヘルシンキにあるようです。この都市、昔々にフィンランド航空で成田からヨーロッパに行くときにトランジットをしたような気がします。

 でもこのとき、空港から外には出なかったので、街の様子は何もしりません。しかし、映画で見るヘルシンキの街はどこかで見たことがあるようで無いような、とても魅力的な街に見えます。

 最初は一人で営業していたかもめ食堂はお客さんもほとんどこない。そんなときにニャロメのTシャツを着た一人の現地の青年が現れ、ガッチャマンの歌を聞かれるが「だれだ、だれだ、だれだ」の次が思い出せない。この映画を見ていると、自分自身も次が判らなくなってしまって、何だかとても悔しくなります。

 やがて、2人の日本人の友達ができて、お店を3人で営業するようになります。そしてお客さんもいっぱい来るようになってお店が繁盛していきます。ただそれだけの映画にも思えるのですが、なかなかセリフも洗練されていて、何だか考えさせられてしまう場面も多々あります。なんだかホンワリとした良い映画でした。

かもめ食堂
バップ
群ようこ(その他)荻上直子(その他)小林聡美(出演・声の出演)片桐はいり(出演・声の出演)もたいまさこ(出演・声の出演)
発売日:2006-09-27
発送時期:通常24時間以内に発送
ランキング:126
おすすめ度:4.5
おすすめ度5 なんだか自然と勇気を与えてくれました
おすすめ度4 本は後で!
おすすめ度4 幸せとは
おすすめ度5 日本人の「生活の質」を考えさせられる不思議なリアリティ
おすすめ度5 のんびりゆったり。
Amazon.co.jp
フィンランドのヘルシンキで日本食堂を経営しているサチエは、図書館で知り合ったミドリを食堂のスタッフに迎える。お客は、日本アニメおたくの青年しかいない店にボチボチ人が集まるように。悩みをかかえたフィンランド人、荷物が出てこなくなって困っている日本人など、個性的なお客さんたちが、かもめ食堂に集まり、サチエたちの温かな心がこもった料理でなごやかな気持ちになっていく。
れっきとした日本映画だが、オールフィンランドロケで、現地スタッフや役者も参加して作り上げた日本とフィンランドのコラボ映画。あせらずマイペースなサチエに小林聡美がピッタリ。また「かもめ食堂」の北欧風のインテリア、シナモンロールやおにぎりなどのお料理もおいしそうで、ビジュアルも十分に楽しめる。国境を超えた人間関係をオシャレで心温まるヒューマンドラマに仕上げたのは『恋は五七五』でおなじみの荻上直子監督。(斎藤香)

 かもめ食堂のオフィシャルブログです。

 ★映画「かもめ食堂」オフィシャルブログ: ■レポート:フィンランドにて上映開始!■

 その他、かもめ食堂を紹介しているブログです。

 ★「かもめ食堂」おいしいコーヒーのおまじない-soramove
 ★かもめ食堂 – INDY500 【 みんカラ 】 ブログ
 ★CHIHUAHUA – かもめ食堂
 ★シオぴ&ミツのレンタル☆キャット:かもめ食堂 ≪フィンランドで、スローなライフを≫ – livedoor Blog(ブログ)
 ★三時のおやつ かもめ食堂

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク