MovableTypeで再構築時間を早くする方法

シェアする

 この正月休みでMovabletypeに色々なカスタマイズを加えました。特に個別エントリーアーカイブで、各ページの内容を評価して貰えるようにしたり、ブログランキングへのリンクを押して貰いやすいところに移動したり、あまり邪魔にならないようにアマゾンのコンテンツマッチ広告やグーグルアドセンスの広告を表示させるようにしたりしました。少しでも何らかの効果が上がると良いのですが、また暫く様子を見ようと思います。

 こんなカスタマイズをする中で、テンプレートを修正するたびに再構築をしなければいけないのですが、この再構築に時間がずいぶんかかります。これではストレスもたまってしまうので、再構築時間を少しでも短くすることが出来ないか、色々な対策を施してみました。


 その再構築時間短縮作戦の中でもっとも効果を実感できたのは、いらないプラグインを外していくことでした。ムーバブルタイプの管理画面でインストールされているプラグインの一覧を表示しておきます。傍らでは、FTPソフトでMovabletypeのプラグインインストールディレクトリを表示させておき、使っていないと思われるプラグインソフトをパソコンにバックアップを取りながら、プラグインフォルダからは一つずつ削除していってみました。

 今まで色々なプラグインを試してきていたので、色々なプラグインがインストールされていました。しかし、数日使っては使わなくなってしまったプラグインも相当数あるので、これらが再構築時間に影響を与えていたようです。Movabletypeではどんなロジックで実装されているかは良くわからないのですが、想像すると、Movabletypeが標準で認識できるタグではないときに、外部のプラグインを呼んで、そのタグの内容を解決できるか否か確認していると思われます。このとき、いらないプラグインまで実装されていると、その一つ一つのプラグインに対して該当するタグが解決できるか否かを問い合わせていくために再構築時に時間がかかってしまっているのではないかと推測しています。

 早くなったとはいえ、まだ、KotonohaLinkというプラグインを入れているため、デフォルト状態のMovabletypeと比べるととっても再構築に時間がかかります。このプラグインは文字列を全走査して別に準備しているリストと比較して同じ文字列があったら登録されているリンクタグに置き換えるというプラグインです。これは便利に使っているので手放すことはできません。この辺にっかる再構築時間の向上は最早、レンタルサーバー側のサーバーがもっと高性能な機種に置き換えて貰えることを待つことしかないかもしれません。

 ★制作記……MovableType再構築を高速化するSSIの導入・(4)導入の成果・最大11倍の高速化:Garbagenews.com
 ★MovableTypeをPHP化しよう~PHP化について~:カスタマイズ:アフィリエイトを続ける力
 ★再構築のエントリー数を変更する (WebRoom)
 ★ツール・ド・もんち – Tour De MonChi – : No.303 モジュール化で作業効率と再構築の短縮を図る
 ★[16] MovableTypeのサイドバーとかをモジュール化してみる
 ★再構築時間の短縮 【MovableType】
 ★ψ(プサイ)の興味関心空間: PHPで記事の中身までもモジュール化してみる
 ★MTのPHP化:magnet :..
 ★よく使う部分をモジュール化 ~ MovableType

Movable Typeでつくる!最強のブログサイト プラグイン&カスタマイズ編
ソーテック社
藤本 壱(著)
発売日:2006-11
発送時期:通常24時間以内に発送
ランキング:22766
おすすめ度:5.0
おすすめ度5 Movable Typeの可能性が広がる本
スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント

  1. Garbagenews.com より:

    制作記……MovableType再構築を高速化するSSIの導入・(4)導入の成果・最大11倍の高速化

    (【制作記……再構築を高速化するSSIの導入・(3)実際の導入】からの続き)実際に試してみたところ、郵送検診サイトの再構築時間はこれまでの4分強から55秒…