実は任天堂Wiiは販売計画に届いていなかった・・

シェアする

WII

 販売好調が伝え続けられている任天堂のWiiですが、1月26日付の日経ITプラスの報道によれば、は2006年末の販売目標の400万台に届かずに319万台で終わってしまったそうです。

 販売店の店頭に出せばすぐに売れる状況が続いていますので、生産台数が追いつかなかったのでしょうか。ちょっと意外な報道です。


 1月から3月については月間100万台のペースで生産を続けて、平成18年度末までには600万台を売る計画です。

 そうは言っても任天堂の平成18年度4月期から12月期の連結業績は営業利益が前年同期比で2倍を達成しています。なんと1676億円の営業利益で過去最高だったそうです。こちらの営業利益が好調だった理由は任天堂DSと関連のソフトが好調に売れたことによります。また、販売段階で円安に傾いて、為替差益が244億円発生したことも業績を押し上げた原因になっているようです。

 任天堂はDSからWiiと好調な状況が続いています。続いて、どんな戦略を展開してくれるのか楽しみなところです。

 任天堂Wiiは相変わらずの品薄状況が続いています。アマゾンでも在庫が復活してもすぐに売り切れてしまう状況です。在庫を見た場合はすぐにカートに入れるか、ワンクリック注文を有効にしておくと良いでしょう。

Wii
任天堂
発売日:2006-12-02
ランキング:11
おすすめ度:4.0
おすすめ度4 バーチャルコンソール目当てで購入しました
おすすめ度5 任天堂の玩具☆
おすすめ度3 コンセプトを知ることが大切
おすすめ度1 初期不良?
おすすめ度4 wii

 一方で任天堂DSの方も販売開始以来、かなりの期間が経っていますが、こちらも相変わらずの品薄状態です。

スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク