THINKPAD G40にWINDOWS XPをインストールした

シェアする

thinkpad g40

得選街でNEC EXPRESS 5800/110Gdを購入したことで、それまで使用していた自作パソコンはパーツをバラバラにしてヤフオクで処分することにしました。

そして、そのパソコンにインストールされていたWINDOWS XPについてはEXPRESS 5800/110Gdにインストールしようと思ったのですが、なぜかうまくインストールができません。

NEC EXPRESS 5800/110GdのOSをXPにアップデート 【失敗】

WINDOWS XPはパッケージ版で購入したライセンスであり、元のパソコンを処分してしまえば、別のパソコンにインストールして使用しても良いようなので、日頃、居間で使用しているTHINKPAD G40の方にWINDOWS XPをインストールしました。

今回はTHINKPAD G40に元々入っているWINDOWS 2000の上からアップグレードインストールをすることにします。必要な設定などはそのまま引き継がれるはずなので、再設定の手間が最小限で済むはずです。こちらのインストールは何事も問題なくスルスルとインストールが進んでいきました。


インストールの途中で2つのソフトウエアがWINDOWS XPに対応していないという警告が出てきました。一つは、WINDOWS2000上でドライバの更新などをしたときにスナップショットをとり、システムの調子が悪くなったときに、必要な時点に戻ることができるソフトウエア、そしてもう一つはTHINKPADの電源管理です。

前者のソフトについては、WINDOWS XPではデフォルトで同様な機能が内蔵されているので、必要ありません。電源管理についてはレノボのサイトに行けばWINDOWS XPに対応したソフトウエアをダウンロードできるはずで、必須のソフトウエアとも思えなかったので、そのままインストールを続行しました。

アクチベーションのフェーズになりましたが、ここは電話で認証しないと通らないはずなので、今回はパスしておきました。30日間は認証なしでも使用し続けることができるようです。時間を作ってマイクロソフトへ連絡してアクチベーションを終わらせておこうと思っています。

一通りのインストールが終わると、画面表示も含めてきちんと各種デバイスが認識されているように見えます。WINDOWS XPのマスタCDに入っているドライバだけでここまでインストールできてしまうというのは素晴らしいと思います。さすがにTHINKPADです。

現在、この記事を書いている裏側では、WNDOWS XP SP2のインストールをしています。現在のWINDOWS UPDATEではSP2をインストールしていないとうまく機能してくれないようなので、SP2の差分ファイルをダウンロードしてインストールをしています。

さきほど、SP2のインストールが終わったので、手元に電話機を準備してアクチベーションをしてみました。インストールしているパソコンを変更したのですからハードウエアの全面変更に伴いインターネット経由での認証には失敗すると思っていたのですが、なぜか難なくアクチベーションが通ってしまいました。何だかとても不思議です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク