廉価版の名作映画DVDがピンチ

シェアする

元町映画館

 最近、本屋さんの店頭などで、1950年前後以前の名作映画が収録されたDVDが格安価格で販売されています。

 だいたい、500円から1000円くらいでしょうか。100円ショップのダイソーでは315円という価格で映画のDVDが売られていることもあります。


 このような激安なDVDが販売されている背景には著作権に関する解釈によるところです。激安DVDを販売しているサイドでは、「著作権の保護期間は公開後50年間」という根拠をもとに該当の映画は著作権が切れているという判断で名作映画の販売をしています。

 しかし、今回は「著作権の保護期間は著作者の死後38年間」という部分を根拠に映画監督である黒沢監督も著作者という解釈で、2036年までは黒沢監督作品の著作権は存続すると主張しています。

 今回の東京地裁の判決は2036年までは黒沢監督作品の著作権は存続するという東宝と角川映画の主張を認めた判決になっています。

 この判決では黒沢監督作品のうち、東宝の作品「姿三四郎」、「生きる」など8作品、そして角川映画の作品が「羅生門」など2作品が販売差し止めになった格好になります。

 もしも、監督が著作者ということになってしまうと、現在売られている廉価版DVDのうち7割程度のDVDは売ることが出来なくなってしまうといいます。非常に残念なことだと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク