東京タワーが背伸び?

シェアする

東京タワー

 高さ300メートル級の東京タワーとは別に、墨田区に高さ600メートル級の新東京タワーを建てる話しが進んでいます。


 しかし、新東京タワーが出来てしまうと、今の東京タワーは集客力が低下してしまうことに危機感があるからだと思うのですが、現東京タワーに付けられているアンテナの高さを80メートルから100メートル程度高くして、地デジに完全対応させようという案が出てきているそうです。(産経新聞の記事で知りました)

 アンテナの位置を80メートルから100メートル高くするためには、東京タワー自身の高さは20メートルくらいさらに高くしなければいけないようですが、強度面などで見通しが付いたのでしょうか。

 東京タワーの高さを少しだけ高くするのに必要なコストと新しい放送設備を入れるための新しいビルを建てるために必要なコストをあわせて75億円、一方で新東京タワーを構築するのに必要なコストは約500億円ということで、当然、現東京タワーを活用した方が安上がりになります。

 今後、新東京タワーを建設するのか、東京タワーをいかすのか、議論が再燃するかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク