新日本紀行ふたたび 長崎県 奈留島

シェアする

大連-YUMING

SONYのスゴ録が「新日本紀行ふたたび」というNHKの番組を録画していました。なぜ、この番組が録画されていたのか判らぬまま見てみると、長崎県の五島列島、奈留島というところが舞台になっています。

この新日本紀行という番組そのものは昭和38年から昭和56年まで放送されていた番組で、既に26年も前に放送が終わっている番組ですが、当時の番組を振り返り、その30年近くたった今を「新日本紀行ふたたび」という番組名でまた放送を進めているようです。


なお、昭和38年から昭和56年まで放送された番組はこちら(NHKは何を伝えてきたか 新日本紀行 ―放送番組全記録一覧+番組公開ライブラリーリスト)で公開されています。

今回の特集、奈留島には素晴らしいエピソードがあります。この島にある長崎県立奈留高校ですが、当時この学校は福江島にある高校の分校で、自校の校歌がなかったため、本校の校歌を歌っていたそうです。

そんな高校に通っていた生徒がラジオの深夜番組に、「校歌を作って欲しい」という手紙を出してこの希望を荒井由実がかなえて、「瞳を閉じて」という曲を作りました。この曲は荒井由実の『MISSLIM』(ミスリム)というアルバムに収録されています。このアルバムは荒井由実時代の名作とも言える作品で、今でもCDで入手することができます。

松任谷由実 マツトウヤユミ / ミスリム 【CD】

松任谷由実 マツトウヤユミ / ミスリム 【CD】
価格:2,250円(税込、送料別)

 この曲は奈留高校の職員会議でも校歌として採用するか否かかなり議論が行われたようです。この曲がうまれるまでの軌跡については昭和51年に放送された新日本紀行の中で特集されています。

この放送の中では手紙を送った生徒がインタビューにこたえているほか、荒井由実自身も「瞳の閉じて」を番組の中で歌っていたようです。

そして、昭和52年の卒業式で分校の扱いから奈留高校という独立した高校になったのをうけて、初めて愛唱歌という位置づけで「瞳を閉じて」が歌われました。

また、昭和63年年には奈留高校に「瞳を閉じて」の歌碑が作られて、その除幕式にはYuming自身も参加しました。

奈留高校の校歌と愛唱歌については、こちら(校歌・愛唱歌)のページで公開されています。

スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク