アナログ放送の停波に向けた告知

シェアする

東京スカイツリー

 アナログ地上波放送については、すでに2011年7月24日に停波され、デジタル地上放送に完全移行することが決まっていますが、3年後の停波にもかかわらず、今でも数多くのアナログ放送しか受信できないテレビが家庭内では活躍しています。

 デジタル放送が受信できるテレビの世帯普及率は昨年の3月末で僅か約28%にしか達していないそうです。今のままでは、2011年になっても地上デジタル放送の受信に対応できないテレビが相当数残ることが想定されます。

 そこで少しでもデジタル放送への移行が円滑に進むように、アナログ放送の画面にロゴマークを表示するなどして、告知をしていくことが発表されました。

 最初は今年の7月24日からNHKのアナログ放送画面に「アナログ」というロゴマークが表示されます。そして民放各局についても準備が整い次第、同様に「アナログ」というロゴマークが表示されます。また、早朝の放送開始時、深夜の放送終了時に停波の告知が行われます。

 来年の夏からはアナログ放送の画面の上下に一部の時間に黒い帯を出して、そこに停波を告知する文字スーパーを出します。停波の半年前から黒い帯と文字スーパーが常時表示された状態になります。

 アナログ放送しか受信できないテレビでデジタル放送を見るためには、デジタルチューナーを別途購入する必要があります。2年ほど前までは5万円程度の価格でしたが、現在は2万円程度まで値段が下がってきました。

 総務省は5千円程度までデジタルチューナーの値段を下げるように求めていますが、まださすがに5000円という価格は実現されていません。楽天市場で商品を探してみるとDXアンテナのデジタルテレビチューナーが1万6300円で売られていました。


送料無料(北海道・沖縄は別途見積)DXANTENNA テレビチューナー DIR510

 さらに、地上デジタル放送を見るためには、UHFアンテナが必要になります。東京のアナログ放送で言えば、NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京などのキー局を受信するためにはVHFというタイプのアンテナが使用されます。そして、テレビ神奈川、MXテレビ、放送大学、テレビ埼玉等を受信するためにはUHFのアンテナが使われています。従って、MXテレビが受信できていればUHFアンテナが設置されており、地上デジタル放送を見ることができる可能性が高くなります。

 また、ケーブルテレビで放送を受信している場合にはケーブルテレビ局によって地上デジタル放送の電波を送る方式が異なります。同一周波数パススルー方式であれば、通常のデジタル放送受信機をそのまま用いることができます。

スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク