鉄道博物館に展示されているクモハ40型の電車

シェアする

鉄道博物館に展示されているクモハ40型

 鉄道博物館のヒストリーゾーンに「クモハ40型」という電車が展示されています。この電車、外から見ると焦げ茶色の車体で、かなり古い形式の電車であることが判ります。昔は中央線でも走っていたようですが、私が子どもの頃には青梅線でときどき走っていたのを覚えています。また、国分寺駅から東京競馬場前駅まで運転されていた下河原線でも使用されていたそうです。

 よく、青梅線には奥多摩の山々に登山に行くために乗りましたので、大きなリュックサックを背負っていました。電車に乗ったあと、このリュックサックの扱いに困るのですが、このクモハ40に乗ったときには置く場所はいつも決まっていました。


 ドアから入ったところにセンターポールが真っ直ぐ1本立っているのですが、ここに立てかけるようにしてリュックを置くと、あまり車内で邪魔になりません。

クモハ40の車内
クモハ40の車内

 車内を見て回りましたが、とても懐かしく感じました。あんなに昔に乗った電車が、よくこんなに綺麗な状態で残っているものです。

クモハ40の案内板

鉄道博物館を楽しむ99の謎 (二見文庫)
鉄道博物館を楽しむ研究会
二見書房
売り上げランキング: 499101
スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク