クルマのライトは上向きが基本?

シェアする

クルマのライト

 自動車教習所でも「クルマのライトは上向きが基本で、クルマの後を走行する場合や対向車がある場合はライトを下向きにする」と習います。しかし、都内で運転する限りはクルマのライトは下向きが基本になってしまいます。

 ほとんどの場合が別のクルマの後を走ることになりますし、また対向車もひっきりなしに来ますので、ライトを上向きにしたとしてもすぐに下向きにしなければなりません。教習所で実際にクルマを乗るときにも、ハイビームにするように注意されることはありませんでした。


 クルマの構造からしてみても、計器パネル上にはハイビームにしたときに警告灯がつくようになっています。やはり、クルマ自体もロービームが基本になっているような気がします。

 茨城県警の調査で今年の10月現在、夜間にクルマにはねられて亡くなった歩行者は31人で、その原因を調べたところ、うち12人は上向きライト(ハイビーム)にしていれば事故を防ぐことが出来た可能性があったそうです。

 ★夜の歩行者死亡多発「車ライトは上向き基本」と県警:茨城新聞ニュース

 上向きライトにすれば約100メートル先まで照射できるのに対して、下向きライトでは約40メートル先までしか照らすことが出来ないそうです。従って、スピードが出ていた場合には下向きライトでは発見して急ブレーキを踏んでも、スピードが出ていると止まりきれないケースが出てきます。

 他にクルマが走っていないような道を走るときには、ハイビームにして、少しスピードを控えめにすることでずいぶん事故を防ぐことが出来るかもしれません。

 最近、自宅近くの狭い道を走るときには、ハイビームにしてみています。もちろん、歩行者や対向車があった場合には、すぐにロービームに直します。確かにハイビームにして運転していると、非常に先まで照らし出すことが出来るので、運転していて安心出来ます。また、遠くの人からでもこちらのクルマを確認して貰えます。

 タクシーに乗って深夜に家に帰るとき、運転手さんによっては同じように路地に入ってからはハイビームにして運転している人がいました。確かにそちらの方が安全なのでしょう。

 今後は辺りが暗くなってきたら早めに点灯すること、そして対向車や前走車、歩行者などがいないときにはハイビームにしてみることを意識してみたいと思います。

決定版 徳大寺有恒のクルマ運転術
決定版 徳大寺有恒のクルマ運転術

posted with クルマ運転術" target="_blank">amazlet at 10.11.28
徳大寺 有恒
草思社
売り上げランキング: 7220
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク