中央道「小仏トンネル」付近渋滞時の抜け道

シェアする

中央道

10月29日の夕方、中央道を伊那から調布に向けて走っていました。しかし、電光掲示板を見ていると、大月から小仏トンネルまで25キロの渋滞、通過に120分かかるという表示が出ています。また、交通情報のラジオを聞いていると、上野原インターチェンジの近くで、クルマ二台が関係する事故が発生したという情報が流れてきました。さらに、時間がかかってしまうかもしれません。


中央道が混雑していて、富士五湖方面にいる場合には、道志みちを使って、津久井湖の方へ抜けることが多いのですが、すでに大月ジャンクションの近くまで来ていたので、道志みちを使ったルートはかなり遠回りになってしまいます。

スポンサーリンク

県道35号線

かと言って、甲州街道も混雑している可能性がとても大きいので、大月インターチェンジで一般道へおりて、国道139号線で富士急行の禾生駅付近まで行き、そこから県道35号線を通って、秋山村を通過し、相模湖インターチェンジへと通じるルートを走ってみました。

事前にこちらのサイトで勉強してありました。

ムササビに会える? 中央道抜け道ドライブ [ドライブ] All About

河口湖の渋滞回避 秘密のルート:人気観光地へ|渋滞回避してスイスイ着く秘密のルート

あんなにたくさんのクルマがあったのが嘘のように県道35号は空いていました。もう、あたりが暗くなってしまっていたので、走行には十分に注意をしました。

ほぼ、完全に二車線で、すれ違いに困難なところはありませんでした。途中、山の中を走る場所もありますが、どちらかというと、人里を走る感じになります。信号機も無いので、快適にドライブすることができます。後ろから、かなりスピードを上げたクルマがくる時があったので、見通しが良くて道が広くなっているところで左に寄せて停めて、後ろのクルマを先に行かせました。

相模湖インターチェンジから中央道に乗ってみると、やはり渋滞が続いていますが、ここまで来てしまえば、渋滞ポイントの小仏トンネルまではあと少しです。相模湖インターチェンジからのった直後は片側二車線なのですが、やがて左側に登坂車線が現れます。

私は渋滞している時は右の追い越し車線側を走るようにしています。登坂車線は小仏トンネルの手前で終わってしまうため、走行車線側はどうしても合流で混雑してしまいます。もしかすると、こちらの登坂車線はない方が混雑が緩和するのではないかとさえ思ってしまいます。

今回のルートはこちらになります。


大きな地図で見る


4398611029
道の達人 首都圏渋滞ぬけみち案内図 (街の達人)
2015年05月05日20時30分現在の価格と評価
価格:¥ 5,700 (中古品)
評価:5つ星のうち4.3 4.3点 3件
著者:昭文社出版編集部
販売元:昭文社
発売日:2011-06-27


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント

  1. […]  こちら(中央道「小仏トンネル」付近渋滞時の抜け道 | 臨機応変?)で紹介したコースになります。 […]