ENEOSカードの磁気読み取り不良と交換

シェアする

eneos

ガソリンスタンドでお得な価格で給油が出来るように、ENEOSのクレジットカードを作ってあります。こちらのクレジットカードはVISAカードになっていて、VISAのVISA Touchというサービスもあわせて使うことが出来ました。

スポンサーリンク

VISA Touch

このVISA Touchというのは、携帯電話にiアプリをインストールして、 携帯電話のFeliCaチップに情報を書き込むことが出来ます。すると、VISA Touchの対応端末が置いてあるところでは、携帯電話だけで決済をすることが出来ます。

特にガソリンスタンドで決済をするときに、わざわざ財布の中からクレジットカードを出して決済をするのは非常に面倒くさいのですが、いつもポケットに入れてある携帯電話で決済が出来るのはとても便利でした。

ところが、このVISA Touchを使うことが出来なくなってしまいました。携帯電話をAndroidのスマートホンに機種交換したのですが、実はVISA TouchはAndroidのスマホには対応していませんでした。従って、クレジットカードでこれからはガソリンスタンドの決済をしなければなりません。

財布から毎回、クレジットカードを出すのは大変なので、いつも持ち歩いているセカンドバックの中で入れるところを決めて、そこから出すようにして使っていました。

今日、またこのクレジットカードをガソリンスタンドで使ったのですが、なぜか機械がカードを認識してくれません。磁気ストライプの部分に傷が付いてしまったか、または磁気ストライプに何らかの磁石を近づけてしまったのかもしれません。

インターネットサイトから再発行の申し込みが出来るのかと思って、公式サイトで情報を探してみたのですが、インターネットだけでは申し込みが出来ないようです。受付時間中に総合窓口に電話して、手続きの方法を確認してみようと思います。

オペレーターへの問い合わせ

クレジットカード裏面に書いてある電話番号に連絡してみました。最初に自動応答のメッセージに従って相談内容やカード番号などを打ち込んでいきます。そして、オペレータに接続するメニューを選択すると、しばらくたってからオペレータの人が電話に出てきました。磁気の部分が読めなくなってしまったようだということを伝えると、本人認証のためにこちらの個人情報を色々と聞かれました。

また、クレジットカードに何か未払い等の問題が無いかをオペレータの人が確認して手続きはすべて終了です。7日間から10日間ほどで新しいクレジットカードが登録している住所まで届けられるそうです。オペレータに電話をすると、何か手続きするための用紙が送られてくるのかと思っていたのですが、電話だけですべての手続きが済んでしまったので良かったです。

クレジットカードの復活

磁気がダメになったと思っていたクレジットカードですが、財布の中で磁気の面を保護しつつ1週間程しまっておいたところ、前回はうまく使うことが出来なかったガソリンスタンドの機械で今度は使えてしまいました。もしかすると弱くなっていた磁気が回復するようなことがあるのでしょうか。

ちょうどその日に、先日、クレジットカード会社に申し込んでおいた新しいカードが自宅に届いていました。一回、磁気がダメになったカードはまた何時ダメになるのか判りませんので、新しいカードの方に切り替えて、古いカードはハサミで切り込んだあと捨てておこうと思います。

電子マネーへの対応

その後、給油機が新しいものに更改されて、IDやQuicPayなどに対応してくれました。これならば、手持ちのXperia Zで決済することができます。利用しているクレジットカードはセゾンゴールドアメリカンエキスプレスカードです。給油するたびに、給油機にクレジットカードを通すのは怖いですが、電子マネーであれば簡単に読み取り部分にスマホをちかづけるだけで決済ができるのでガソリンスタンド向きの決済手段だと思います。

スマホの機種交換

現在はXperia XZという機種を使っています。それまで使っていたXperia XからXZに機種交換するとき、覚悟はしていたのですが、電子マネーの切り替えが非常に面倒でした。

こちらにレポートを公開しています。

SONY Xperia XZを入手
従来、AndroidスマホはSONYのXperia Zを利用していたのですが、購入後4年近くが経過してバッテリーが劣化し、持続時間が短く...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク