iTunesでCDを取り込むときの設定方法

シェアする

ipod touch

スポンサーリンク

手持ちCDのリッピング

 デジタルオーディオプレーヤーで音楽を聴く際には、ネットで音楽を購入するか、手持ちのCDをリッピングする必要があります。リッピングとはCDに収録されている音楽データを取り出して、デジタルオーディオプレーヤーで聴くことが出来る形式に変換することです。

 デジタルオーディオプレーヤーのメモリ容量は有限なので、これを出来るだけ有効に利用するために、デジタルデータのままデータを圧縮することが通例です。

 リッピングで使用するアプリケーションによって、実は音質に大きく差があります。また、圧縮する際にどの形式を選択するか、そして圧縮率によってもその音質は大きく左右されます。

iPodやiPhoneを使っているときにはリッピングにもiTunesが便利

 私はiPhoneで音楽を聴いているので、リッピングにはiTunesを使用しています。本当は別のソフトを使った方がリッピングして圧縮したときの音質は良いようなのですが、apple製品との親和性や手軽さで言えば、iTunesに勝るものはないので、ついついこのソフトを使ってしまっています。

itunes

リッピングのときの音声保存形式の選択肢

 iTunesではリッピングするときに下記の形式を選択することが出来ます。

 ・AAC
 ・AIFF
 ・appleロスレス
 ・MP3
 ・WAV

itunes aac mp3 ripping setting

 この中で圧縮率が高くて、色々な会社のデジタルオーディオプレーヤーと相互に利用できるフォーマットは、MP3になります。AACも流通できる可能性は高いのですが、やはりMP3にしておいた方が私は安心です。

 現在は携帯音楽プレーヤについてはAPPLE製品ばかりを利用しているので、AACフォーマットでも問題は無いのですが、もしかすると、あと何年か経ったときに別の会社に乗り換えるかもしれません。そのとき、もっとも無難に乗り換えが出来そうなのはMP3ということになります。

リッピングのときのビットレート

 また、コンテンツの圧縮率を左右する「ビットレート」という設定があります。128が一般的な設定値ですが、もしも良い音質を求めるのであれば、192に設定しておいた方が無難です。以前は、デジタルオーディオプレーヤーの内蔵メモリーは1GBも無かったので、圧縮率が高い方がたくさんの音楽を持ち歩くことが出来たのですが、今や16GB、32GB、64GBといった容量が一般的になってきています。

 低いビットレートでリッピングをしてしまうと、もしも音質に不満が出てきたら、再度、同じCDを利用してリッピングをしなおさなければなりません。これはとても手間のかかることなので、可能であれば192を指定しておいた方が良いと私は思っています。私自身はiPhoneの容量も64GBの商品を使っていて余裕があること、iTunesのライブラリに使っているハードディスクの容量も2TBの製品を使っていて余裕があることから、MP3の192Kbpsを標準でリッピングをしています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク