フュージョンから新しいプランが発売

シェアする

EMOBILE(イーモバイル) Pocket Wi-Fi S31HW ブラック

フュージョン・コミュニケーションズから、NTTドコモのLTE回線を使った新しいデータ通信サービスのプランが発売されました。

こちらの商品、フュージョンが楽天傘下になってから、「楽天ブロードバンドLTE」と呼ばれているブランドになりますが、今回追加されたのは、月額1960円のライトプラスプランになります。

こちらのプランでは月間2GB(連続した3日間で183MB)までLTE回線を使った高速ブロードバンドを利用することができます。このときの回線速度は、下り最大112.5Mbps/上り最大37.5Mbpsとなっています。

もしも、制約である2GBを超過すると最大256kbps(連続した3日間で183MB超過後は100kbps)となり、まったく通信ができなくなってしまうわけではありませんので、メールやTwitterなど小さなデータのやり取りであれば、何とか使えるのではないかと思います。

こちらのプランでは端末は提供されません。SIMカードのみが提供されます。SIMカードの形状は通常サイズのほかにMicroSIMやナノSIMを選ぶこともできます。手持ちの端末のSIMの形状を事前に確認することが必要です。

端末については、ソフトバンクやauなどの特定の会社にSIMロックされていない端末であれば大丈夫と思われますが、事前に確認しておくと良いでしょう。

プランに申し込んだあとに最初にかかる初期費用は4200円です。今回は新しいプランの発売に合わせて、9月12日の午前9時59分までキャンペーンが実施されます。月額料金が1760円、初期費用が3150円になります。

ある程度、データ通信量が限られている場合は、このようなプランを利用することで、大幅に通信料金を節約することができます。年間にすれば数万円の差になりますので、かなり大きな節約です。

ただ、私の場合はソフトバンクにSIMロックされたiPhoneを使っているので、こちらのプランを使うことができません。今からSIMフリーのiPhoneを入手しようとすれば、10万円前後の費用がかかってしまうこともあり、そのままソフトバンクの契約を続けるつもりです。

9月10日になれば、Appleから新しいiPhoneの発表があると噂されています。この新機種からNTTドコモがiPhoneを扱うような大きな流れがあれば、iPhoneユーザーにも変化が現れるかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク