吉祥寺「えん寺」のベジポタつけ麺はとてもクリーミー

シェアする

つけ麺 えん寺の入口

吉祥寺の公園口から出て、すぐ右手のところに、「えん寺」という、つけ麺で有名なお店があります。以前より、そのお店が美味しいという話しは聞いていたのですが、なかなか行く機会がありませんでした、

今回、平日の午前11時過ぎに吉祥寺駅に行く機会がありましたので、えん寺に寄って見ることにしました。

11時15分くらいに店内に入ってみたのですが、カウンター席の7割ほどがお客さんで埋まっています。やはり、人気のお店のようです。さっそく、自動券売機で何を食べるか選んでみました。

やはり、一番定番であるベジポタつけ麺が良いであろうという結論になり、800円で食券を購入しました。

下にある麺大盛り1.5玉というボタンが点灯しています。ここまでは無料で大盛りにできるようでしたので、1.5玉にしました。

さらにその下に麺種類が選べるようになっていました。下記の四種類から選べます。

・極太胚芽麺
・太もちもち麺
・太田産小麦麺
・手打ち麺

えん寺で選べる麺の種類

今回は一番左のボタンの、極太胚芽麺にしました。何と無く、胚芽というと、健康に良いような気がします。

あとは空いている席に座って店員さんに食券を渡せばOKです。

水はカウンター上にあるポットから自分でつぐシステムです。また、スープを割るためのだし汁もポットに入れて置いてありました。

スープ割り

調味料はそんなに多くは置いてありません。

えん寺の調味料

極太麺だと茹で時間がかかりますが、10分弱でベジポタつけ麺がやって来ました。こちらになります。

ベジポタつけ麺

つけ汁

極太胚芽麺

やはりネーミングの通り、つけ汁はとてもクリーミーです。シチューを少しだけ薄くした感じのとろみと言えば良いでしょうか。こんなにトロッとしたつけ汁は初体験だと思います。

汁の味は尖った感じではなく、とても優しい感じでした。

麺は極太で、麺にコシがあり、とても美味しいです。胚芽でイメージするような独特の苦味などはなく、普通に食べて味わいのある麺でした。

食べ終わったあと、つけ汁を割って飲んでると、これもまた美味しいです。

お腹がいっぱいになり、かつ身体が優しさに包まれるような感じで気分が落ち着く、あまり今まで味わったことがない特徴的なメニューでした。ぜひ、吉祥寺に行く機会があればまた寄りたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク