Android版の試用版ATOKを使ってみました

シェアする

JUSTSYSTEM-ATOK

Nexus7を購入した後、今までは無料で使うことができるGoogle日本語入力を使っていました。これでも十分に使いやすかったのですが、今までパソコンで使い慣れてきたATOKも使ってみたくなり、試用版ATOKを見つけたのでインストールしました。

使ってみると、やはり日本語入力では実績を積み重ねてきた会社だけにとても使いやすいです。文字を入力していくと、自分の思い通りにズバズバと変換候補が表示されて小気味よい操作感を得ることができます。もしかすると、身体がATOKに最適化されてしまっているのかもしれません。

試用版ATOKは15日間はほぼ機能無制限で無料利用できるようです。問題は試用期間が終わった後の対応です。Android版のATOKは購入すると1500円あまりの価格がします。これを購入するのも一つの方法ですが、例えば今後、iOS版のATOKが発売されたとき、App Storeでまた購入しなければなりません。

それはそれで勿体ないような気もします。そこで、他の方法はないかと調べてみると、ATOKパスポートという仕組みがあるのを見つけました。ATOKパスポートにはベーシックとプレミアムの二種類があります。価格はベーシックが月額300円弱、プレミアムが月額500円弱です。一つの契約で10台のAndroid機器、Windowsパソコン、Macで利用することができます。

プレミアムはベーシックに比較すると、クラウドを使った機能が追加されます。これにより、ある端末で学習した内容を他の機器へ自動的に共有したりといったことができます。環境に応じて複数の機器で文字入力をしている人にとってはプレミアムの方がよいということになるでしょう。

今回、ベネッセから流出したデータと推測される顧客情報データをジャストシステムが入手したのではないかという疑いがあり、会社としての信用が揺らいでいる状況ですが、早く、抜本的な対策を実施して、会社としての信頼を取り戻すとともに、日本語研究を元にした入力システムの第一人者として良い商品を出し続けて欲しいと願っています。

スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク