WORDPRESS 4.0のβ版が公開されています

シェアする

WORDPRESS

こちらのブログはWordpressというCMS(コンテンツマネジメントシステム)で運営しています。ブログを公開するためには一般的なプログラムです。こちらのプログラムのバージョンが8月下旬にVer4.0になる予定で、現在、そのβバージョンが公開されています。

WordPress › 日本語 « WordPress 4.0 ベータ 1

βバージョンはまだ開発中のバージョンですのでバグやセキュリティリスクが内在する可能性がありますので、本番サイトでの使用は推奨されてません。

現在、この記事を書いている時点で、このサイトのWordpressのバージョンは正式版最新リリースのVer3.9.1となっています。今度のVer4.0ではメジャーバージョンアップとなると思っていたので、どれだけ新しい機能が追加されるのかと期待していたのですが、実は機能的には大きなバージョンアップではないのだそうです。

WordPress 4.0は2014年8月27日にリリース予定! でも勘違いしないでね? | Syumart

4.0で準備されている主な新機能は下記のとおりです。

・ビジュアルエディタおよびメディアモーダル「URL から挿入」タブでのURL からの埋め込みプレビュー。WordPress.tv または YouTube などの URL をビジュアルエディタで独立した行にペーストしてみてください (#28195, #15490) 。
・メディアライブラリに既存の一覧表示に加え「グリッド」表示が加わりました。項目をクリックすると、大きなプレビューを見たり添付ファイルの情報を編集したりできるモーダルウィンドウが表示され、項目間をモーダルを閉じることなくナビゲーションできます (#24716) 。
・プラグインインストールエクスペリエンスの刷新。初期段階の変更や、プラグインの検索・詳細表示の際の追加情報などを目にすることができるでしょう (#28785, #27440) 。
・インストールプロセスでの言語の選択 (#28577) 。
・エディターがスマートにリサイズされ、必要に応じて上下バーに固定されるようになりました。ブラウザによるカーソルなどの配置が意図したものと異なることがありますので、関連するバグを発見した場合はお使いのブラウザと OS を報告してください (#28328) 。
・ギャラリープレビューなどで、キーボードやカーソルと TinyMCE ビューのインタラクションを改善しました。エディターのリサイズ・スクロール改善と同じように、この点についてもバグ報告の際は環境をお知らせください (#28595) 。
・カスタマイザー内のウィジェットが別個のパネルで読み込まれるようになりました (#27406) 。

   ☆WordPress › 日本語 « WordPress 4.0 ベータ 1

確かに、この機能改善内容からはバージョンアップを急ぐ必要は私にとっては少ないかもしれません。Wordpressを急いでバージョンアップしても、プラグインなどがそのバージョンアップに対応していない可能性もあります。私自身は少し時間をおいてプラグインの対応などを確認してからバージョンアップを行おうと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク