羽田空港第一ターミナルのラウンジに挑戦

シェアする

羽田空港第一ターミナルのラウンジ

先日、セゾン ゴールド アメリカンエキスプレスというクレジットカードを作りました。セゾンのゴールドカードに国際ブランドとしてアメックスが付属したようなカードです。アメックスのゴールドではないので、アメックスよりも年会費が安いのが特徴です。

月曜日の夜に申し込みを行ったところ、火曜日には本人確認の電話をもらい、土曜日には手元にカードが届きました。とても早い対応で驚いてしまいました。

たまたま、月曜日から出張の予定があり、羽田空港第一ターミナルを使うので、さっそく空港ラウンジを使って見ることにしました。セゾン ゴールド アメックスで使うことができる場所は第一ターミナルの荷物検査が終わったあと、搭乗口が並ぶロビーの南北両端にあるようです。

事前調査では特に食べ物はないようで、ソフトドリンクバーは設置されているようでした。どちらかというと、国内線のラウンジは質素なようです。

朝最寄り駅から電車に乗り、神田駅で山手線に乗り換え、浜松町でモノレールに乗り換えるというルートで行きました。特に山手線は遅れたこともあって、電車の中はすし詰めです。優雅にラウンジをなどと考えている人がこんな状況になっているのは情けないと思いつつ、やはりプレミアムなラウンジを使うような人は自宅から空港まで運転手付きの専用のクルマが手配できる人なのだろうな?などと考えながら満員電車で耐えていました。

モノレールは浜松町の出発時点では混雑していましたが、流通センターあたりまででお客さんがかなり降りて座ることができました。そのまま第一ターミナルへと向かいます。午前9時前に第一ターミナルへと着きました。買い物などをする必要もありませんので、そのまま手荷物検査を実施してラウンジへ向かいました。

飛行機の搭乗口は12番でちょうどターミナルの中央付近です。しかし、利用できるラウンジは両端になってしまいますので、搭乗口から随分歩いてしまいました。センターにもラウンジはあるのですが残念ながらセゾンゴールドアメックスでは利用することができません。きっと利便性が高く、カード会社が契約をするにはさらに金額が高いのかもしれません。

なんとかラウンジの入り口にたどり着き、受付でカードを提示しました。また、航空券の提示も求められました。航空券はiPhoneのパスブックに登録してあるものを提示したところそれでOKでした。

入口から入ってすぐ左側にドリンクバーのコーナーがありました。また、ホテルパンを一人2個まで取ることができるようになっていました。確か、パンのサービスは朝と夕方の時間限定だったのではないかと思います。

ラウンジのパンとトマトジュース

ラウンジの中はかなり広いので、お客さんがたくさんいてもそんなに混雑している様子はありません。周りのお客さんを見てみると、40代から50代くらいのビジネスマンが多かったです。9月1日ということで学校が始まってしまいましたので、家族連れが少なかったのかもしれません。

今回は飛行場が一望できる一人掛けの席に座りました。コンセントも二つついていてありがたい限りです。スマホを充電させてもらいました。

ラウンジから飛行場の眺め

トマトジュースを飲みつつパンを食べていたのですが、このパンがなかなか美味しかったです。

結局、ラウンジでは30分ほど滞在しました。その間にメールを処理したりスマホに充電したり、喉を潤したりできたので良かったです。



スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク