本日より飛行機内でのスマホ使用制限が緩和

シェアする

使用制限緩和

9月1日から飛行機内におけるスマホの使用制限に関する規則が緩和されました。ちょうどこの日にJAL国内線に乗るので、何がどう変わったのか確認してみました。

8月7日に国土交通省から発表されていた内容は下記の通りです。

•9月1日からスマートフォンやデジタルカメラの使用制限を緩和する

•新型の飛行機であれば機内モードに切り替えたスマホで写真撮影やゲーム、電子書籍などが常時楽しめる

•離着陸時に電子機器の電源を切らずに済むようになる。

•航空機を4種類に分類

ボーイングB787,エアバスA320は離着陸時に機内モードにすればスマホやタブレットを使える

•航空会社によっては独自の社内基準によって使用を規制する場合もある

羽田空港第一ターミナルには特に制限が緩和されたことを示す掲示は見つけられませんでした。

飛行機に乗ってみると、中央の通路を挟んで左右に3席ずつしかない小型の飛行機で制限が緩和されたような雰囲気の機体ではありません。調べると、B737-800という機種でした。

機内アナウンスを聞いていると、今まではドアクローズの際から離陸後までは電子機器の電源を入れておいてはいけなかったが9月1日から緩和されて電波を発していなければ常時利用できるという案内をしていました。

常時利用できるようになったのはとても便利なことだと思います。すでに飛行機内でのWi-Fiサービスも始まっているので、機内でのインターネット環境はこれから激変して行くのではないかと思います。

スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク