米国Apple社がApple Watchを発表

シェアする

apple watch

以前からiWatchがAppleから発表されるのではないかと噂され続けてきましたが、とうとう現地時間9月9日のApple社のイベントでApple Watchが公開されました。iWatchという名前をつけなかったのは、ウェアラブル端末という今までとは全く別のソリューションだということを印象付けたかったためでしょうか。

apple watch2

今回のApple Watchはデザイン上の工夫や新しい技術がふんだんに投入されています。

・2種類のサイズと3種類のコレクション
  →Watch
Watch Sports
Watch Edition

apple watch4

・サファイアガラス

・交換可能なバンド
 →6種類のバンドが準備されています。スポーツ、レザー、クラシック、レザーバックル、ステンレス

・四角い盤面
・心拍センサー
・ワイヤレス充電
 →誘導電流方式
・デジタル竜頭
 →感触フィードバック機能付き
・Siriを通じた音声入力
・デジタルタッチ
 →液晶画面に描いたスケッチを共有する機能。文字では伝わりにくい、少々複雑なコミュニケーションができる

などの技術です。

apple watch 3

価格は349ドルから、発売時期は2015年の初めと予定されています。

Apple WatchはiPhoneとの組み合わせで動作します。また、iPhone5以降に対応しています。

iPhoneは新しいスマートフォンという分野を確立するのに大きく貢献しました。Apple Watchはウェアラブル端末の世界を確立する意気込みでApple社は今回の発表を行いました。

時計のサイドについているダイヤル(デジタル竜頭)に今回は操作性の鍵が隠されています。ダイヤルを押すとホーム画面に戻ります。ホーム画面はいろいろなカスタマイズがユーザでできるようになっています。バンド、サイズ、ホーム画面のデザインの組み合わせにより、まさに事実上は無限大とも言える組み合わせがあります。ダイヤルはタッチとプッシュの違いさえ認識しているそうです。

ホーム画面は全部の写真がズームアウトされた極小のサムネイルの画面で始まります。そこからダイヤルでズームインしていって必要な操作を選ぶようになっています。

Apple Watch

Apple Watchのインタフェースは通知を中心に設計されています。iPhoneの画面を頻繁に確認するのはたいへんですが、Watchであればいつでも液晶が見える状態になっていますので、簡単に通知内容を確認することができます。また、メールを受け取った場合に簡単な返信をすることができますが、これに加えて受信したテキストの内容を分析して自動的に返信可能な選択肢を返信することもできるそうです。アニメーション絵文字もサポートしていると発表されていますが、この場合、他の端末でも絵文字を見ることができるのか、Apple製品に限られるのかは気になるところです。

デベロッパーはWatch用のアプリを開発することもできます。この機能を使えば、カスタム通知をすることもできます。Apple自身でも2種類のフィットネスアプリを開発しているということです。

 ・Activity:1日中のユーザの動きを追跡する
 ・Workout :特定の運動がターゲット

また、トラッキングリングとして、「ムーヴ」「エクササイズ」「スタンド」の3つが表示されるようになっています。

 ・ムーヴ   :ノーマルな1日の活動量
 ・エクササイズ:いつトレーニングなどの運動をしたか
 ・スタンド  :1日のうちで立っていた時間の長さ

これにより、簡単な家事の運動量から激しいエクササイズまでの運動量を知ることができます。

Apple Watchの公式サイトも公開されました。

 ☆Apple – Apple Watch

こちらは紹介する動画です。

最近、私自身は腕時計をする習慣が無くなっていたのですが、この端末であればつけてみたいと思いました。来年初めとされる発売が楽しみです。

【2015/03/11追記】

発売日も含めて詳細な発表が行われました。Apple Watchのモデルは全部で3モデルです。

 Apple Watch Sport シルバー/スペースグレー 約4万2000円(38ミリ)/約4万8000円(42ミリ)
 Apple Watch  トラディッショナル/スペースブラック 約6万7000円~約12万7000円(38ミリ)/約7万200円~約13万3000円(42ミリ)
 Apple Watch Edition 1万ドル(100万円強)~

 Editionは、限定店舗でのみで販売。

 バッテリーの持続時間は通常の使用で18時間と発表されました。通常の使用とは、18時間中に時刻チェックを90回、通知を90回、アプリケーションを45分間使用、Bluetooth経由で音楽再生しつつ30分のワークアウトという内容です。ほかに省電力モードならば最大72時間、連続通話では3時間、充電は80%まで1.5時間等の数値も発表されていました。日中は何とかバッテリーが持つけれども毎日の充電が欠かせない商品という形になります。iPhoneなどのスマホは毎日充電している人がほとんどだと思いますので、この制約は実際の運用では気になる人は少ないのではないかと思います。

 4月24日発売、発送。4月10日予約開始。

 最初のリリースは、9ヶ国。最初のリリース国の中に日本もはいってます。オーストラリア/カナダ/中国/フランス/ドイツ/香港/日本/イギリス/アメリカ。

 ネットでの反応を見ると、新しいiPhoneが発表されたときと比較して、「ぜひ、購入したい」という声があまり目立たないような気がします。どんな売れ行きになるのかが気になるところです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク