iPod classicがこっそりと販売終了に

シェアする

ipod classic

AppleのiPod classicがiPodの製品ラインナップからひっそりと無くなっていたことが話題になっています。2014年9月10日にラインナップから削除されました。

もともとは、第6世代のiPodとして2007年9月に登場した製品です。第一世代のiPodから小型のハードディスクに音楽データを保存するタイプが主流になっていましたが、その後、フラッシュメモリの価格が安価、大容量になってきたことにより、iPodもフラッシュメモリの商品が主流になっていきました。

しかし、小型のハードディスクでは大容量の音楽データを保存できるというメリットはまだあったので、iPod classicとして販売されていました。160GBのHDDを搭載し約4万曲もの音楽を持ち歩くことが出来ます。

さらに時代が進み、iPhoneが発売されて、AppleとしてもiPhoneの販売に力を入れます。SONYのWALKMANの方がiPodよりもシェアが大きくなるということもありました。

 ☆ソニーのWALKMANが大躍進
 ☆携帯オーディオプレーヤーではSONYのウォークマンが人気

また、フラッシュメモリの低廉化、大容量化はさらに進みます。フラッシュメモリを採用したiPod Touchは64GBの商品までが発売されていますが、もう128GBのメモリを搭載した商品もすぐに発売されるのではないかと思います。従って、徐々にiPod classicの必要性が少なくなってきたことも事実です。

従来からのiPodの伝統である円盤部分を指でなぞって操作するクリックホイールを使った商品がこれで無くなってしまいました。すでに、通販での価格も高騰し始めているようです。旧来の価格で量販店などに流通在庫が残っていた場合には欲しい人にとってはお買い得なのかもしれません。

今回のiPod classicがラインアップから無くなったことに関して、特にAppleからの公式なアナウンスはありません。これから後継製品が発売されるのか、それとも本当に終わりになってしまうのか、今後のAppleからの発表が気になるところです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク