エンジンオイル(BP vervis バービスキュート0W-20)とエレメント交換

シェアする

bp-v-cute

前回、今年の1月にモービル1の0W-20にエンジンオイル交換をしてから、もう8ヶ月、9000Kmほど走ってしまいました。

MOBILE1 0W-20でエンジンオイル交換

こんなにたくさん走ったのに、あまり劣化せずに、運転していてもあまりざらつき感が出てこなかったのは、やはりモービル1という製品がしっかりとしたものだからでしょうか。この当時は安売りで4000円程度だったのですが、本当はもっと高い商品です。少し値が張っていても、実際に使ってみるとかえってお得になることもあることがよく分かりました。

さすがに1万Kmになってしまったらまずいだろうと思い、近所のオートバックスにエンジンオイル交換に行きました。今回はエレメント(フィルター)の交換もあわせて実施しました。

どのエンジンオイルに交換するのが良いか、出来れば全合成油のモービル1が安ければ、それにしようと思っていたのですが、値段が高くて手が出ません。2000円程度のとても安い省燃費車用0W-20オイルもあったのですが、鉱物油で乗っているうちに劣化も早いような予感がしたので、今回は3480円で売られていたバービスキュート0W-20という商品を選んでみました。

バービス 部分合成油 0W-20【エンジンオイル】 | BP OIL

この日は土曜日の午前11時頃でしたがオイル交換は40分待ちの表示でした。手続きをしたあと、呼び出しを待ち、ピットでオイル交換、エレメント交換を実施して貰いました。

オイル交換が終わったあと実際にクルマを運転してみると、今まで使っていたモービル1とあまり運転の感覚が変わりません。1万Km近くものったモービル1とあまり運転のフィーリングが変わらないというのはどういうことかと思いつつも、特に問題はありませんでしたので、これでよしとします。

あとは耐久性がどの程度あるかが課題です。3000Km、5000Km、7000Kmとどの程度の距離まで問題なく走ることができるのか、興味深いところです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク