日産ラフェスタのバッテリーをPANASONIC CAOS 80B24Lへ交換

シェアする

panasonic-caos

日産ラフェスタ(B30)のバッテリーを交換しました。平成17年型なので、今年の12月に4回目の車検が待ち構えています。もう13万Kmも走っているので、そろそろ寿命かとも思ったのですが、思いの外、よく走ってくれているので、今年も車検を通すことにしました。

車検を通すとなると、バッテリーについては、そろそろ交換時期だと指摘される可能性があります。現在使っているバッテリーは3年前の、Panasonic CAOS 75B24Lです。エンジンを始動する際のセルモーターの音も弱々しくなってきているので、予防保全という意味でバッテリーを交換することにしました。

こちらが最初にパナソニックのCAOSに交換したときの記事です。

 ☆ラフェスタのバッテリーを取り替えてみた

こちらが3年前にCAOSへ交換したときの記事です。

 ☆PanasonicのCAOS(75B24L)にバッテリーを交換しました

バッテリー交換は毎回自分で実施することにしています。通販でCAOSを購入してあとは自宅の駐車場でボンネットを開けて交換します。これだけで、ディーラーで交換するバッテリーよりも2倍程度の性能を持つバッテリーに半分くらいの価格で対応することができます。

前回使っていたCAOSの調子が良かったので、今回も同商品を購入することにしました。ただ、同じ商品とは言っても商品は改良されてさらに容量がアップして、80B24Lとなっています。これが通販で送料込み1万円少しで入手できるのが驚きです。

今回は楽天市場の買い回りでポイント10倍の機会に購入したので実質は9000円あまりになりました。同じ商品がスーパーオートバックスでは2万円以上でしたので、とてもお買い得です。

バッテリーの交換そのものは20分ほどで終わりました。今回はバッテリー交換中に特に補助電源などは付けずに作業をしたので、カーナビに記憶されていた情報やパワーウインドウの情報などは全てリセットされました。カーナビのオーディオの設定などは簡単に復元できます。また、パワーウインドウの設定も、窓ガラスをいったん一番下までおろして、今度は一気に閉まるまで窓ガラスをあげてそのままスイッチから手を離ささずに5秒から10秒ほどあげっぱなしにしておくと学習してくれます。

また、廃バッテリーについては、無料でネットショップが回収をしてくれます。購入時に希望をしておけば、送料着払いの伝票を付けてくれるので、これを使って送り返せばOKです。

取り替えたあとでエンジンを始動してみると、非常に軽やかにセルモーターが回りました。最初にCAOSを使ったときには、オーディオの音がとても良くなったように思いましたが、今回はCAOSからCAOSへの交換のためだったからか、音質の変化は感じませんでした。CAOSにすると燃費も向上したのですが、今回の交換で燃費が良くなるか否かはまだ分かりません。これから満タン法で計測しようと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク