米国Apple社が10月16日にスペシャルイベントを実施

シェアする

Appleのイベントの招待状

米国Apple社が10月16日に実施するスペシャルイベントの招待状を配布し始めました。

招待状のデザインはApple社のロゴの上部のアップで、その輪郭がカラフルな線で描かれています。前回のiPhone6発売のイベント向け招待状も、Apple社のロゴの輪郭が描かれていましたが、グレーが基調になっていてもっと落ち着いたデザインでした。

招待状に書かれていたメッセージは「It’s been way too long.」です。日本語では、「すごく待たせちゃったね」というニュアンスの意味になるそうです。このメッセージにどんな意味があるのか、気になるところです。

今回のイベントでは、新型iPadが発表されるのではないかと言われています。すでにiPhoneでは馴染みの深い指紋認証機能(Touch id)が、新型iPadとされる基盤写真から想定すると搭載される可能性が高いです。他にも、新型MacBook Proなど、Macに関する発表も噂されています。

また、Mac向けの新OSである「OS X Yosemite」も発表されると予測するマスコミ記事が多いです。どんな機能がOSレベルで実装されるのか、気になるところです。今のIDとパスワードで認証する仕組みはすでに脆弱な仕組みになってしまっているので、できればiPhoneやiPadだけではなく、Macにもハードに指紋認証機能が実装されて、OSレベルでソフト的にもサポートされると、とても安全になるのではないかと思います。

イベントが行われる会場は、クパチーノのApple社本社内にあるTown Hallシアターです。昨年、iPhone5sが発表されたときと同じ会場です。前回のiPhone6はFlint Centerで行われました。前回はApple WatchというAppleにとってはまったく新しいウェラブル端末という製品の発表が含まれていました。Flint centerはAppleにとって特別なときのみなのかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク