日本通信が月額2980円で10GBまで通信できるSIMを発売

シェアする

日本通信

日本通信が月額2980円で10Gバイトまで利用できる「Platinum Data SIM」を10月30日に発売します。nanoSIMに対応しているiPhoneやiPadで利用できるようです。ただ、記事ではSIMロックがかかっているiPhoneやiPadの場合、どこのキャリアに対応しているかはわかりませんでした。

月額2980円で10GBまで使えるということになると、ドコモやソフトバンク、auなどよりもお得ということになってしまいます。三大キャリアはどこも一ヶ月あたり7GBまでの通信量制限を設けているためです。

家族で共有するタイプのプランでは10GBをうたっているものもありますが、価格は1万円ほどが設定されています。今回の日本通信のプランがとても安いことが判ります。

さらに3日間での通信速度の制限は設けられていません。日単位に偏りのある使い方をしたい場合は、こちらのSIMの方が有利になりそうです。

最低利用期間や違約金もありませんので、とても値段体系がクリアーです。

SIMパッケージ自体の料金は3000円です。あとは月額2980円ずつを支払っていく形になります。10GBを使い切ると、通信速度が200Kbpsに制限されます。

しかし、turbo chargeという仕組みで追加の料金を支払えば、100MB単位で購入することができます。もしも、10GBを使い切ってしまったとしても、追加で簡単に購入できるというのは心強いと思います。

現在の3大キャリアが設定しているデータ通信量の制約値は、この動画を視聴するような環境にあっては小さいと言わざるを得なく、しかも値段が高いです。今回、この日本通信からの価格の安いSIMの発売によって大手キャリアのサービス内容に対して大きな風穴をあけてもらうことを期待したいです。

なお、本SIMには音声通信サービスは付属しません。音声通信サービスが付いてくるプランは、8GBのデータ通信とセットの3980円のプランが別にあります。最近ではLINEやSkype、FaceTimeなど、値段が安価なIP電話を使う機会が圧倒的に増えているので、私自身は電話が付いてこなくてもあまり不安は感じません。今はNTTドコモのiPhone5sを本体一括無料で購入した関係で月々の支払いが3000円弱になっているため、2年間の月々割が残っている期間はこのままでいきますが、その次については、AppleからSIMフリーのiPhoneを購入し格安SIMを購入することになると思います。

スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク