SONYの40インチTV BRAVIA KDL-40W600Bを購入

シェアする

KDL-40W600B

先日、ビックカメラから株主優待券が送られてきました。前回、ビックカメラから貰っていた株主優待券もあったはずだと確認してみると、11月30日が期限になっていました。二回分の株主優待券、合わせて5000円分を持って、新宿駅西口のハルクにあるビックカメラに行きました。

何を買おうか考えながら店内を見て歩いていると、AV機器コーナーになりました。自宅にはまだ14インチのアナログテレビが子ども部屋で活躍しているのですが、間もなくフレッツテレビでもデジアナ変換サービスが終わってしまうはずなので、テレビを見られなくなってしまいます。

そこで、居間用のテレビを買い替えて、居間にあるテレビを子ども部屋に持っていく段取りとしました。居間ではピクセラという会社のテレビを使ってきますが、先日、SONYのブルーレイレコーダを買った関係で連携が今ひとつなのが気になっていました。そこで、SONYのBRAVIAを購入することにしました。

世の中では4Kテレビが宣伝されていますが、まだコンテンツそのものがあまりないので、宝の持ち腐れになってしまいます。そこで、従前のフルハイビジョンテレビを買うことにします。

現在のテレビは32インチですが、これも一回り大きなサイズの40インチにグレードアップすることにしました。ここまで絞られれば、もう機種は絞られます。店頭に飾ってあるのは、KDL-40W600Bという機種のみです。値段は税込で7万1000円ほどでした。ここからポイント13%還元です。

楽天市場で最安店の価格を調べてみると、税込55000円でしたので、まだ価格交渉の余地がありそうです。店員さんに幾らまで下げられるか聞いてみると、66000円のポイント13%還元を提案されました。実質57000円ほどです。まだ少し高いので、65000円でどうかと聞いてみるとOKしてくれたので、この価格で購入しました。実質56500円ほどです。

機能としては、高画質化機能、高音質化機能、高速起動、見やすく選びやすい番組チェック、裏番組録画、無線LAN内蔵が売りになっていました。

会計は5000円分を株主優待券、残りの一部をフレッツテレビ加入特典からもらったフレッツ光のポイントを楽天Edyに変えた電子マネー、最後に残金をクレジットカードという形で購入しました。ビックカメラは色々な支払い方法に対応してくれているので助かります。また、ポイントの5%分を長期保証の料金に充てることも出来ます。テレビの場合は5年間保証になるそうです。以前、SONYのテレビを5年間の延長保証をつけて購入したとき、その延長保証が切れた時点で壊れた苦い経験があるので、今回は延長保証を付けませんでした。

 ☆SONY「BRAVIA KDL-40V2500」の故障(しばらくお待ちください)

配送はお願いして、設置は自分でやることにしました。佐川急便での配送で最短翌日に着くそうです。

商品が届いたら追加してレポートします。

【2014/12/03追記】

商品が到着しました。事前に情報は得ていたのですが、持ち上げたときに本体が軽いのが際だっています。大きいのでそれなりの重さがあることを覚悟して持ち上げると拍子抜けします。ただ、デザインは非常にシンプルで高級感があるところは良いと思います。液晶の周りの黒い枠も細いので目立ちません。大部分が液晶です。台座の部分もシンプルなパイプで、安定性もありました。また、倒れないようにするためのバンドも付属しています。テレビ台に固定しておくと良いでしょう。

画質はとても良いです。音質は低音が少なくて不満が残ります。これだけ軽くて薄いので低音を出すのは不利だと思うのですが、もう少し何とかしてほしかったところです。

ブラビアリンクという機能も始めて使ってみました。テレビのリモコンでSONYのブルーレイディスクレコーダーを操作できるのは便利です。テレビにUSBハードディスクを接続して、家族がブルーレイディスクレコーダーを使わなくても録画できるようにしておきました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク