PHILIPSから40インチで8万円の格安4K液晶テレビを発売

シェアする

philips-4K

4K液晶テレビは国内メーカーでは高付加価値商品として、かなり高めの値段で販売されていましたが、ここにきて海外メーカーから低価格商品が投入されることになりそうです。そのメーカーは韓国や中国などアジア系の会社ではなくPhilipsでした。大型40インチ液晶画面の4Kテレビで実売8万円程度になるようです。12月27日(土)には店頭販売される見込みと報道されていましたので、すでに販売が開始されているのでしょう。

型番は「BDM4065UC/11」で、ドスパラパーツ館では予価を税込80,820円としていました。

こちらが製品の公式サイトです。

 ☆Philips Brilliance BDM4065UC/11 – LED バックライト液晶ディスプレイ

価格comにはすでに12月28日の日付で商品のレビュー記事が掲載されていました。

 ☆価格.com – フィリップス BDM4065UC/11 [40インチ ブラック/シルバー] レビュー評価・評判

 ・画面は高画質
 ・少し液晶は白っぽい
 ・外観の質感は今ひとつ
 ・音質は悪い

という評価になっていました。

商品の解像度は3840×2160ドットで4K表示のときにはリフレッシュレート60Hzに対応しています。コントラスト比は5000:1と高めの設定でした。液晶パネルの応答時間は通常の設定で8.5ms、SmartResponse機能使用時が3msです。

端子は下記の通りです。

 ・DisplayPort
 ・Mini DisplayPort
 ・HDMI x 2 (うち一つはMHL対応)
 ・VGA
 ・USB 3.0ハブ
 ・音声入力端子
 ・ヘッドホン出力端子

楽天市場で検索してみると税込み・送料込みで9万円弱の値段になっていました。

いきなり、ここまで40インチの4K対応液晶テレビの価格が下がってしまうと、また国内のメーカーも追随せざるを得なくなり、価格競争につながっていくでしょう。この流れは液晶テレビが登場したあとの傾向と似ているので、このままでは、また国内メーカーのテレビ事業の業績に大きな影響を与えることになりかねません。国内各社が次にどんな手を打つのかが気になるところです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク