首都高速道路 中央環状線の全線開通は3月7日に決定

シェアする

山手トンネル

首都高速道路 中央環状線の全線開通日が2015年3月7日になると発表がありました。中央環状線は現時点では東名高速道路の大橋ジャンクションまでしかつながっていません。従って、例えば中央道から羽田空港に行きたいときには、都心環状線まで行って回るか、高井戸で降りて環状8号線で羽田空港を目指すかのどちらかのルートをとらざるを得ませんでした。

今回の開通により大橋ジャンクションから首都高速道路 湾岸線の大井ジャンクションまで約9.4Kmの区間がつながります。国土交通省では首都圏に三つの環状道路を作ろうとしています。外側から圏央道、外環道、中央環状の三つです。この中で計画された区間が最初に全通するのは中央環状線ということになりました。

次に計画を達成するのは圏央道、最後に開通するのが外環道ということになるでしょう。外環道は練馬区、武蔵野市、世田谷区などの住宅密集地の地下を大深度地下トンネルで結ぶほか、インターチェンジ周りの用地買収や建築で困難が予想されます。

今回の中央環状線の全通で羽田空港へのアクセスが良くなることは最も期待したい効果です。現在は新宿から羽田空港までが約40分掛かるのに対して、中央環状線ができると半分の20分で行くことができるようになります。

新宿から羽田まで

また、都心環状線や環状八号線の混雑はずいぶん緩和されるのではないかと思います。中央環状線よりも内側の首都高速道路では渋滞や混雑量が約4割も減少する効果を予測しているそうです。

日本はこれから少子高齢化をむかえるのに、本当にこんなにお金をかけて道路を整備する必要があるのか?という議論もあります。しかし、人口が減っても結局、都心近くに人が集まる傾向には変化がないと思いますので、十分に投資する効果はあると思います。

開通後にどれだけ渋滞が減るのか、本当に楽しみです。

【2015/03/07追記】

予定通りに本日、中央環状線が開通しました。今回は目黒区の大橋ジャンクションと品川区の大井ジャンクションの間の9.4Kmの区間が開通して、これで中央環状線は東京の周りをグルッと全長47キロの全線が開通したことになります。開通後、午後9時頃に渋滞情報を確認してみたところ、首都高速道路で渋滞が発生している箇所は用賀から大橋ジャンクションに向かう一部の区間が赤く表示されるだけで、それ以外の箇所には渋滞がありませんでした。日曜日の昼間はどんな渋滞状況になるのかが気になります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク