セイリングデイブッフェで食べ放題のランチ

シェアする

セイリングデイブッフェ

東京ディズニーシーでトイストーリーマニアのファストパスチケットをとったら時間が10時近く、中途半端な時間になったので、昼食をとってしまうことにしました。10時30分にアメリカンウォーターフロントにあるセイリングデイブッフェかわオープンします。こちらは、ディズニーシーの中では珍しいバイキング形式で食べ放題のレストランで終日同じ料金になっています。

セイリングデイブッフェの営業案内

看板の下に「ヤマザキ」の表示がありますが、ヤマザキ製パンが公式スポンサーになっているようです。

大人の値段は一人2880円でした。プライオリティシーティングの当日分の予約は終わってしまったということでしたので、開店時間少し前に並んでおくことにしました。

10時少し過ぎに行ってみると、まだ待ち行列はゼロです。すぐ近くにある休憩スペースで休んでいると、午前10時15分に最初のお客さんが並び始めました。これを皮切りに周りからどんどん人が並んでいきます。1番前に並ぶのは何となく恥ずかしいので、みんな近くで誰かが並ぶのを待っていたのでしょう。

午前10時20分にはすでに30人くらいの列になりました。私たちは前から四組目の場所です。こちらは、レストランがとても大きいので、そんなに焦って並ぶ必要はないのですが、列があまりにもどんどん長くなりそうでしたので、列に思わず並んでしまいました。

10時25分に前から人数と名前を聞くためのキャストが回ってきました。この日は90分の時間制限があるそうです。この時間を過ぎるとどうなるのかはわかりません。列に並んでいるときに情報を集めていると、だいたいのお客さんは1時間前後で退席してしまう人が多いそうです。

まだ、10時30分になっていませんでしたが、そのあとすぐに館内に案内されました。最初に会計です。アメリカン・エキスプレスカードを利用した決済ができました。

セイリングデイブッフェの店内

2階は座席にはなっていなくて、何か棚のような目的で使われているようです。装飾だけなのかもしれません。

<a href=セイリングデイブッフェの店内" width="500" height="667" />

食事のバイキングは10時30分ちょうどからということで、最初はドリンクバーを取ってくるように言われました。ホットコーヒーとウーロン茶を貰ってきました。各種ティーバックも置いてあるので、日本茶、紅茶なども楽しむことができます。

ドリンクバーをからホットコーヒー

そして、10時30分から食事のバイキングコーナーに入ることができるようになりました。

サラダ系

普通のバイキングレストランと比較しても、一つ一つの料理が手間をかけて作られているように思います。また、最初の入店だと、とても綺麗な状態で料理が並べられているので、お皿に取り分けるのも気持ちが良いです。

アラカルト系

洋食ばかりではなく、ちらし寿司がありました。

ちらし寿司系

ハムやケチャップライスはミッキーの形にくり抜かれていました。この形でくり抜くと残った部分がどうなったのかが気になります。ケチャップライスはすぐに形が崩れるのかと思ったら、結構しっかりと固められています。何となく、焼きおにぎりのような感じです。この形に整形したあとに熱が加えられているのかもしれません。

エビフライなど系

ローストビーフは係の人が切り分けてから盛り付けてくれます。

ローストビーフ

こちらのローストビーフは絶品でした。美味しいです。

いろいろなものが、ミッキーの形になっています。

ミッキーの形

人参もミッキーの形

そして、デザート系です。

ケーキやプリン

杏仁豆腐もありました。

杏仁豆腐

一つ一つの料理のクオリティがブッフェ形式にしては比較的クオリティが高かったと思います。

これで2880円であれば、通常の街中のホテルと同じくらいの値段ともいえますので、ディズニーシーの中ではとてもリーズナブルです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク