東京駅での成田エクスプレスの利用方法

シェアする

出張で飛行機を利用するため、成田空港の第二ターミナルに行く必要がありました。最寄りの駅にあるみどりの窓口まで行って成田空港の第二ターミナルまでと窓口の人にお願いすると、傍から成田エクスプレスの時刻表を取り出し、今からだと東京駅での乗り換えが一番時間に余裕がありますということでしたので、そのルートで切符を買いました。

今まで、成田エクスプレスを利用するときは新宿駅で乗り換えていました。ただ、新宿駅から東京駅までは成田エクスプレスは山手線の渋谷、品川方面を回って東京駅に行くので、場合によっては今回のように中央線で東京駅まで行ってしまった方が早い場合があります。

東京駅で乗り換えるのであれば、最近はやりの、東京駅から成田空港まで1000円で直通運転しているバスを利用することも頭をよぎったのですが、時間がよめないので、素直に成田エクスプレスを使うことにしました。

新宿駅であれば成田エクスプレスの乗り場は新南口の方の代々木寄りに行けば良いことがわかっているのですが、東京駅で乗り換える場合はどこに行けば良いのか今一つよくわかりません。新宿同様に東京駅もとてつとなく大きいので、もしも迷ったら大変なことになります。

事前にネットで情報を調べてみると、総武横須賀線が走っている地下ホームに行けば良いようです。丸の内口側にあるようです。あとは駅構内の案内標識頼りに行くことにしました。

確かに東京駅に着いてみると、いたるところに成田エクスプレスの乗り場の案内がありましたので迷うことはありませんでした。こちらが地下ホームです。

大きなスーツケースを持った人がたくさんいました。

ホームにはNEWDAYSがありましたので、こちらでお昼ご飯を買い込んでおきました。万世のカツサンドが美味しそうでしたので、買ってみました。

東京駅では2方面から来る電車が連結されます。今回は2号車でしたので、あとから来る電車の方でした。連結作業が終わるまでは列車に乗ることはできません。

1時間ほどで成田空港まで着きます。以前は成田空港は相当遠い印象がありましたが、鉄道網が整備されて、幾分使いやすい空港になりました。

ただ、羽田空港が滑走路の数を増やして国際線の数を増やしているので、今後がどんな戦いになるのかが気になるところです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク