ヨドバシカメラが5月中旬から「SIMフリーカウンター」を設置

シェアする

xperia z

日本の大手キャリアであるNTTドコモ、au、ソフトバンクなどから発売される携帯電話、スマートホンなどの多くは、その会社のSIMカードしか利用することができないように「SIMロック」がかけられていることが普通になっています。たとえば、NTTドコモで購入したスマホはNTTドコモSIMカードしか利用できないので、ソフトバンクやauの通信サービスは利用することができません。通信会社としては端末を大きな値引きをして販売することで客寄せして、その後の通信量で赤字分を取り戻すというビジネスモデルになっているので、途中で他のキャリアに逃げられてしまうことを防ぐための措置です。

その各大手キャリアが実施してきたSIMロックについて、総務省からの指導で今年の5月から解除の義務化が進められます。これは2015年5月移行に発表する端末からが対象となります。SIMロック解除ができるようになると、もっとも大きな潮流ができるとすれば、格安SIMカードを購入して差し替える人が増えることです。格安SIMはNTTドコモの回線を利用している会社が多いので、NTTドコモのスマホや携帯を使っていれば対応の格安SIMに乗換は今でもできるのですが、SIMロック解除が大きく報道されることにより、利用する人が増えるのではないかと思います。

そんな商機をとらえて、ヨドバシカメラではマルチメディアAkibaにSIMフリーカウンターを開設することを発表しました。その後も順次、全店に広げていくそうです。SIMフリーカウンターではその場で複数の会社のサービスを比較しながら申込み、即日開通手続きができるようになるそうです。現在はインターネットで申込みを実施し、SIMカードが届くまで数日待たなければいけないサービスもあります。しかし、今回のSIMフリーカウンターの開設により、30分から1時間で回線が開通するようになるそうです。

今回、SIMフリーカウンターで取扱を予定している会社は下記の通りです。

  • ワイヤレスゲート
  • Y!Mobile
  • UQモバイル
  • U-NEXT
  • フリーテル
  • ニフティ
  • OCN
  • ビッグローブ

格安SIMを利用すれば、通話をたくさん使う人を除き、データ通信をメインで使っている人にとっては、今までと比較して半額以下になる可能性があります。ソフトバンクについては格安SIM会社向けに回線の提供を行っていないようなので、もしもソフトバンクユーザーが格安SIMに流れると契約者数が大きく減ってしまう可能性もあります。今は大手キャリアを利用している人の中で格安SIMに移行する人がどの程度の割合になるのか、それに対して、大手キャリアはどんな戦略で立ち向かうのか、気になるところです。たぶん、2年間のスマホハードの月賦が完済した人から格安SIMの移行が始まるのでしょう。

私自身はNTTドコモのiPhone5sを一括ゼロ円で購入したので来年の3月まで支払いが月々3000円程度に抑えられています。従って、来年の3月の2年縛りが終わったタイミングで格安SIMへ移行したいと考えています。家族のスマホについては順次、格安SIMへ移行を行っています。いくら携帯は便利だとはいえ、今の家計に占める通信費の割合は異常なので、これで正常化できそうです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク