iPhone5sのバッテリーを自分で交換する方法

シェアする

スポンサーリンク

バッテリーの異常発生

常用しているiPhone5sのバッテリー持続時間が極端に短くなり、30%以上のバッテリーが残っているような状態でも、突如として電源断が発生するようになってしまいました。改善すべく、いろいろなことをやりましたが結局効果はありませんでした。

iPhone5sのバッテリーが弱り急な電源断が頻発

ここ数日、iPhone5sに変な挙動が見られるようになりました。 一つ目はバッテリーの異常な消耗です。大したア…

rik.skr.jp

iPhone5sのバッテリーを交換することにしました。バッテリー交換をするのには下記の3つの方法があります。

・アップルストアに持ち込んで修理して貰う       1万円くらい
・アップル非公認のショップに持ち込んで修理して貰う  6000円くらい
・自分で修理する                   2000円くらい

今回は無謀にも自分で修理してみることにしました。もちろん壊してしまったら保証が効かなくなりますので、全て自己責任という形になります。

バッテリーと工具の購入

修理にはバッテリーのほか、専用の工具類が必要になります。楽天市場やアマゾンで探すと、バッテリーと工具がセットになっている商品がありますので、こちらを購入しました。

こちらの商品、バッテリーそのものが「純正品」ということになっています。本当は互換品でも大容量タイプが売られていればそちらを購入したかったのですが見つけられませんでした。

純正品と同容量の互換品であれば1500円くらいで売られています。今回は安心料だと思って「純正品」として売られているものにしました。

商品は送料無料という扱いでメール便を使って配送されました。注文してから4日ほどかかりました。商品に入っている工具のほかにピンセットが必要でした。ネジがとても小さいので、ネジを取り外したあとに保管箱の中に移動するときとか、ネジがiPhoneの基盤の隙間などにすぐに潜り込んでしまいますので、これを救い出すときに必要になります。

交換方法

商品には交換のマニュアルが入っていませんでした。商品ページには交換方法は「iPhone 5 バッテリー交換」で検索して自分で調べるように書かれています。写真がたくさん載っていたこちらのページを参考にしました。

留意点

汗で手がべとついていたので、まずは石けんでよく洗いました。また扇風機も止めて、ネジが風でどこかへ飛んでいかないようにしました。

手順は下記の通りです。

0 SIMカードを外す
1 Lightningコネクタ両側のネジを外す
2 フロントパネルをひらく
3 ケーブル固定板を外す
4 各種接続ケーブルを外す
5 フロントパネルを外す
6 バッテリーを外す

0と1は簡単にできます。ネジをどこかに無くさないことに注意します。

2はタッチセンサーのケーブル等、フロントパネルと基盤の間に接続されているケーブルを切断しないように作業することが最大のポイントです。フロントパネルを勢いよく引き上げると壊してしまいますので徐々に外すことが大切です。

3のケーブル固定板は小さなネジで固定されていますので、こちらも紛失に注意します。特にタッチセンサーの基盤側のコネクタを覆っている金属のカバーは特にネジなどで固定されていないので工具で持ち上げるとそのまま外れてしまいます。私の場合は持ち上げる力が少し強くて、どこかに飛んでいってしまいました。幸いなことに探したところすぐに見つかりましたが、これを紛失してしまうと大変なことになっていました。

最大の難関は6のバッテリーを外す場面です。紹介したサイトでは粘着テープを真ん中で切って、バッテリーの両側から綺麗に剥がす方法が紹介されていますが、そんな器用なことはできずに、粘着テープが切れてしまいました。仕方が無いので、バッテリーの下に工具を差し込んで、本体を傷つけたり曲げたりしないようにテコの原理で徐々にバッテリーを持ち上げて外しました。

組み立て

組み立ては基本は分解するときと逆の手順になります。ただ、たとえばコネクタを接続するときは、きちんと接続されたか否か、軽く引っ張ってみる等のチェックは必ず実施してみた方が良いです。チェックしたあとはまた軽く押して接触不良が発生しないように細心の注意が必要です。

修理時間

平日の夜に作業をしました。会社から帰ったあと、午後10時ごろに作業を始めて、1時間ほどで作業が完了しました。神経を集中しなくてはいけないので、とても疲れます。ただ、組み上がったあとに電源を入れたとき、きちんとiPhoneが動いてくれるととても嬉しいです。逆に電源が入らなかったり、パチッと火花が散った日にはメチャクチャに落ち込むのではないかと思います。

よほど自信があるか、またもう残債が残っていなくて壊れても良いと覚悟ができていない限り、自分で修理することは避けた方が良いのではないかと思います。私はもしももう一度、自分でバッテリーの交換をするか?と聞かれたら答えはノーです。

【2016/02/24追記】

自分でバッテリーを交換してから半年以上が経過しました。非常に順調に動作しており、またバッテリーの保ちに関しても全く問題有りません。今回購入したバッテリーは表示の通りに本物の純正バッテリーだったのかもしれません。すでに、iPhone5sは発売を開始してから相当の年月が経ち、後継機種もiPhone6とiPhone6sの二機種が発売されてしまいました。しかし、iPhone5sは未だにアップル社から現役の機種として販売されています。実際に使っていても未だに色あせずに使うことができているのは有り難い限りです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク