Netflixの日本国内におけるサービスが開始

シェアする

netflix

2015年9月2日に動画配信サービスを提供する「Netflix」が日本国内でスタートしました。すでに、同分野では「hulu」が日本へは進出して現在は日本テレビの傘下で営業しているほか、NTTドコモの「dTV」、auの「ビデオパス」などの国内の会社によっても配信サービスが提供されています。

Netflixは特に世界50ヶ国以上でサービスを実施しており、すでに6500万人を超える会員を抱えていること、独自制作のオリジナルの映像も含めコンテンツの充実に力を入れていることから、日本でのサービスはどんな形でスタートするのか話題になっていました。

Netflixはスマートホンやタブレット、パソコン、ゲーム機、テレビなどのいろいろな種類の機器で視聴することができます。加入手続きはWEBブラウザが搭載されている機器から実施することができます。ここで取得したIDとパスワードで各機器での視聴ができます。

Nrtflixは今年の2月に日本国内への参入を正式に発表して、それ以来、約半年間の間に東芝、パナソニック、シャープ、ソニーなどの各メーカーの一部の機種のリモコンに「Netflixボンタン」が設けられました。

Netflixは少し前に料金体系に関しては発表を行っており、ベーシック(650円)、スタンダード(950円)、プレミアム(1450円)の三種類から選ぶことができます。フルHD画質でなくてもよければ、SD画質のベーシック「650円」で楽しむことができるのは魅力です。その価格もNTTドコモのdTVと比較すると値段が高いので、どちらのほうがコンテンツの種類が多いかが気になる点になります。Netflixとしては、パソコンやテレビで視聴する場合には、スタンダードプラン以上での契約を推奨しているようです。

コンテンツ数は初日の状況から見ると、国内ドラマや邦画は少なめに見えました。しかし、日に日にコンテンツ数は増えているようなので、今後、どの程度のペースで作品が増えていくかが気になります。邦画では、「THE 有頂天ホテル」、「踊る大捜査線」、「舟を編む」など、ドラマでは、フジテレビ系の「チームバチスタ」や「最高の離婚」、NHKの「梅ちゃん先生」、「カーネーション」などが入っていました。

私自身は現在加入しているdビデオの方が現時点では国内ドラマ、邦画でのコンテンツは充実していますので、Netflixには加入しません。今後のコンテンツ数の増加状況を見ながら、再度、乗り換えに関しては検討してみたいと思います。

スポンサーリンク



シェアする

フォローする

スポンサーリンク

スポンサーリンク