iPhoneをiOS9へアップデート完了

シェアする


本日の未明、最新のiPhone、iPad用オペレーティングシステムであるiOS9が予定通りに公開されました。アップデートの手順はいつもと同じで、「設定」アイコンをタップして、一般→ソフトのウエアの更新を選択することで更新することができます。

アップデートが公開されていないときには、こちらの画面でした。

IMG_4523-1

アップデートが見つかると、こちらの画面になります。


今回は朝の6時30分からアップデート作業を始めたところ、20分ほどでアップjデートが完了しました。特にダウンロードサイトが混雑している様子もなく順調に作業が進みました。iPhone5sをのアップデートです。

アップデートが終わってから、画面を見てみると特に大きな変化はありません。まず最初に、通信は問題なく接続できているかを確認してみました。WiFiは問題ありませんが、NTTドコモの通信に問題がないことが第一のチェックポイントです。一部の格安SIMなどでは接続できなくなるかもしれないという話があったので気になっていました。

結果、通信に関しては、データ通信も通話も問題ありませんでした。アプリをいくつか操作してみましたが、動作が遅くなったようなこともありません。もう2世代前のモデルとなってしまったiPhone5sでも軽快に利用することができるので、とても助かります。

動作がおかしくなるアプリケーションも見つかりませんでしたので、互換性の面でも問題は感じませんでした。

今回のアップデートでもっとも見た目や操作性上の目玉となる機能はマルチタスキングになりますが、残念ながらiPadでしか利用することができません。画面が広くないと、マルチタスクやマルチウインドウの効果を実感することが難しいので、iPhoneでは利用不可という形にして、スピードを確保できるようにしたのでしょう。

設定アイコンをタップすると、「バッテリー」というメニューが増えていました。ここを選択すると、「低電力モード」というメニューが増えています。



これはiPhoneを完全に充電するまでの間は電力消費を一時的に抑えてくれます。具体的にはメールの取得、Appのバックグラウンドでの更新、自動ダウンロード、一部のビジュアルエフェクトの停止などが行われます。実際に低電力モードにしてみると、充電中はバッテリーアイコンが黄色くなりました。

ほかにどんな機能が追加されているか研究してみたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク