中国のインターネット事情や交通ルールなど

シェアする

以前、中国の国内からLINEで日本とコンタクトを取ろうとしたところ、何回試しても使うことができませんでした。このときはLINEは実施できないように規制がかかっているのだろうと考えていました。

しかし、先日中国に行った際には午後8時過ぎに何も問題なくLINEで日本に連絡をとることができました。ところが、午前1時頃に再度LINEを利用したところ、今度は使うことができませんでした。もしかすると、接続したホテルのWIFIやモバイルルーターなどの特性によるのかもしれません。

使うことができたりできなかったりすることは気になりますが、何らかの緩和が行われようとしているのかもしれません。中国におけるLINEの規制と対策に関してはこちらのサイトが詳しいです。

『■LINE規制■中国でLINEが使えない!復旧方法等 まとめ』

現在のお勧め記事! 中国出張や留学に使う携帯電話の購入と契約方法 2014.7.1以降中国の規制により現在LINEが一部使用できない状態になっています。LI…

ameblo.jp

一方で検索については私が普段使っている検索エンジンの中では使えないものがあり、結局はYahoo! Japanを利用しました。

メールはドコモのメール、Gmailともに送受信ができました。feedlyでニュース記事やブログ記事などを見ることも問題なくできました。

街の雰囲気を見ていると、10年前,5年前と比較して、クルマの数は増えたものの、クラクションの量が圧倒的に減ったと思います。急速にクルマ運転時のマナーが良くなったと思います。街を走っていると、あちらこちらで交通事故や小競り合いが起こっていましたが、今はそんなこともなくなったようです。

ただ、少し郊外に行くと、例えば信号で止まっている時に第一車線2台目に止まっているクルマが第二車線に車線変更して1台目を追い越すように右折をしたりといった、かなり危ない運転が目につきました。

日本では5年間かけて起こってきた変化が中国では1年で変わるぐらいのスピード感を感じます。インターネット一つとっても、パソコン通信が最初にあって次にパソコンでインターネット、携帯電話でiモード、スマホでインターネットという順番でした。

ところが中国ではいきなりスマホでインターネットを経験している人の数がとても多いのではないかと思います。日本で段階的に変化してきたことが中国では一足飛びに変化するイメージです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク