無料化された八王子バイパスを通行

シェアする

2015年10月末より八王子バイパスが無料開放されました。以前、一時的に無料開放されたことがありますが、今回は恒久的に無料になります。前回、無料化されたときのレポートはこちらにあります。

無料化後の八王子バイパスを走りました

 高速道路無料化が始まってから東富士五湖道路を先日走ってみましたが、今度は東京都内で唯一無料化の対象になった八王子バイパスを走ってみました。八王子バイパスは国道16号線の橋本駅付近から北の部分、京王線の北野駅の近くまでを

rik.skr.jp

国道16号の八王子市の打越町と町田市の相原町を結ぶ延長4.5kmの区間です。八王子市内の渋滞緩和を目的にして1985年に開通しました。30年の料金徴収期間が終わったため無料開放されました。有料の期間が延長されたり、無料化どころか値上げされてしまうことも多いので約束通りに無料開放されるのは珍しいような気がします。八王子バイパスは普通車が260円でした。

今回、鑓水のキャナリーローというお店でランチを食べる機会があったので、その帰り道で八王子バイパスを使ってみました。日曜日の午後3時過ぎです。鑓水交差点を八王子方面に曲がりました。角にあるENEOSのガソリンスタンドは車の長蛇の列ができていました。店頭のレギュラーガソリンの価格表示は1リットル115円となっていました。この界隈ではこの日の価格としてはそんなに珍しい価格ではなかったのですが、なぜあんなに並んでいたのかは今一つわかりません。

その先にある鑓水インターから八王子バイパスにのってみました。しばらく走ると本線料金所があります。なぜかすべての入り口が非ETCの入り口になっていましたが、大きく「無料」という表示が行われていました。

八王子バイパスの交通量は思ったよりも増えていませんでした。有料時とあまり大きな変化はないような気がします。まだ無料化されたことの告知が十分に知れ渡っていないのかもしれません。打越インターまで走って、そこからは北野街道を使って自宅まで帰りました。

東京をバイパスする環状道路はこちらの国道16号線がメインでしたが最近では圏央道が出来上がったので国道16号線の交通量も減っていると思います。本当は交通量が多かった時期に無料化されていれば貢献度も大きかったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク