高知龍馬空港でタイムズカーレンタル

シェアする

高知に行った際にレンタカーを利用しました。地方に複数人で行った際にはバスなどの交通機関を使って目的地を巡るよりもトータルではレンタカーを使ったほうが安くなる場合が多いのではないかと思います。また、バスや列車を待つ必要がないところも魅力です。

前回、北海道に行った際には日産レンタカーを利用しました。その際には日産のマーチがレンタルされました。

今回は他の車種もできれば乗ってみたいと思い、タイムズカーレンタルにしてみました。タイムズはマツダレンタカーを継承していると聞いたことがあるので、デミオに当たる可能性が高いのではないかと期待し選択しました。

空港に到着した後、到着ロビーにあったレンタカーのカウンターの一つにタイムズの文字があるのを見つけました。声をかけると、営業所までマイクロバスで送ってくれます。

営業所についてみると、今日の貸し出し予定が白板に書き出されていました。これを見ると、日産ノートが割り当てられたようです。白板を見てみると、デミオも一台は割り当てられていましたが、ノートのほうが目立ちました。

残念ながらデミオではありませんでしたが、ノートも乗ったことがないので興味があります。

カウンターで説明などを聞き、クレジットカードで精算をして、クルマに乗り込みました。

ノートのグレードは最もスタンダードなモデルなのではないかと思います。アイドリングストップが付いていますか、このモードはオフになっていました。ガソリン代節約とアイドリングストップ機能を確かめてみたかったことで、、アイドリングストップをオンにしてみました。

やはりガソリン車の中では燃費の良いノートはアクセルオフで惰性で走っていてもよく走ります。シフトレバーの手元にスポーツモードの小さなボタンがありこれを押すとエンジンブレーキが強めにかかるはずなのですが、あまり変わりません。シフトレバーをLの位置にしても、エンジンブレーキの効きは今ひとつでした。長い下り坂でフットブレーキを使いがちになりそうですが大丈夫なのかどうか少し心配になりました。

カーナビは三菱製のようですが、動作が非常に緩慢であまり使い物になりませんでした。ただ、使わないわけにはいかないので、しばらく我慢です。

BluetoothでiPhoneと接続ができるので、この機能を使ってiPhoneの中に入っている音楽を聴いていました。

エンジンをスタートすると、よく言われている3気筒エンジン独特の音がやっぱり気になりました。アイドリングストップ機能をつけておけば、交差点での信号待ちなどでは気になりません。

ブレーキペダルの足を緩めると自動的にエンジンがかかります。実にスムーズにエンジンがかかるのが印象的です。

ノートは運転しやすいクルマだと思いましたが、やはりパワー不足は否めません。グレードが上がると様子が変わる可能性もありますので、上級グレードのノートも今度は試してみたいと思います。

クルマは2日前の夕方5時過ぎにタイムズカーレンタルへ返却しました。全部で200Kmほど走ったと思います。燃費計で見る限りは平均燃費は20Km/リットル程度だったと思います。返却する前にコスモ石油で給油しましたがガソリンは10リットル強ほど入りました。

車の簡単なチェックのあと、空港へはそのクルマでそのまま送ってくれました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク