クルマで音楽を聴くときに便利なアプリ「Cartunes Music Player」

シェアする

cartunes main

最近、YOGA Tablet 2を車載して使っています。車内で音楽を聴くときのために、64GBのSDXCカードを購入して音楽データを入れておきました。そして、YOGA TabletをBluetoothでカーナビに接続して音楽アプリで再生しています。この音楽アプリ、操作が少し面倒くさいので、何か良いアプリがないかと探してみると、「Cartunes Music Player」というアプリを見つけました。車載に特化して設計されているようです。

操作はボタンを押すだけではなく画面上をジェスチャーすることでいろいろな動作を指示することができます。英語ですが、こちらの動画でイメージをつかめると思います。

動画の中でも紹介されていますが、音声入力にも対応しています。リングの下にあるマイクのボタンを押すと音声入力の画面になりますので、ここでアーチスト名やアルバム名などを話すと、その再生を始めてくれます。

最初は無料版のLiteを使っていたのですが、あまりにも使い勝手が良いので、有料のProを購入しました。

Pro版にすると、Bluetoothに接続したときに自動的に音楽の再生を始めてくれる機能を使うことができます。これが便利で、クルマに乗ってエンジンをかけるとBluetoothに接続されたときに音楽の再生が始まるので、特に操作する必要がなくなります。

YOGA TabletでYahoo!カーナビの案内をしてもらいながら、Cartunesで音楽を聴くということもできます。このとき、Yahoo!カーナビで音声案内が入るときには自動的にCartunesの音楽の音量が少し下がるので、カーナビの案内を聴きやすくなります。使っている限り、良い組み合わせだと思いました。

もう使わなくなったAndroidのスマホがある際には、これを車載専用にしておけば簡単に音楽を聴くことができて良いかもしれません。

【2016年1月16日追記】

使いやすいアプリケーションでしたので、iPhone用のアプリも購入しました。値段は600円です。少し残念だったのは、Bluetoothが接続されたら再生を再開する機能がありませんでした。

iOSではアプリからBluetooth接続が行われたのか否かを検出するAPIが無いのかもしれません。

また、Bluetooth接続しているときに、次の曲へ曲送りをしたときに、しばらく考え込んだあとで、曲は次へ飛ぶけれども、Bluetooth接続が切断されてしまうという事象が発生しました。これは原因がわからなかったので、一時的にBluetooth接続をやめて、ドックコネクタとカーナビのAUX INをケーブルで直接接続しています。この状態では何の問題もありません。

あとは脱獄すれば、もっといろいろなことができるようになるようですが、それは時間があるときにトライしてみたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク