レンタルサーバーでデータの破損

シェアする

blog

Gmailの迷惑メールフォルダを念のためチェックしていたところ、さくらインターネットからきているメールがありました。

何か確認を要すことがタイトルからわかったので読んでみると、以前、サーバーでハード故障があった際に復旧作業をした際に、あるディレクトリ配下で完全に復旧できなかったファイルが消失した状態になっているので、チェックしてほしいという内容のメールでした。

RAIDの両面障害でもあったのでしょうか。復旧ができなかったというのは相当です。

レンタルサーバー会社側ではどのファイルが無くなったかまでは分からないそうです。どのファイルが無くなったかは分からないが、何かファイルかわ無くなっているはずだ!ということがどうしてわかったのか不思議です。
メール自体にお詫びのような文言は一切ありません。レンタルサーバー会社側にデータを守る義務がないことが前提になっているようです。事実だとすれば、自身で今後もデータの保全を実施しなければいけません。

 迷惑メールフォルダに振り分けられていたので、本当に迷惑メールだったら嫌だな?と思ったのですが、メール本文に名前や会員IDなどが入っており、また送信元メールアドレスも偽装されていなければ正しいように見えます。

外からは見えないディレクトリの名前も入っているので、正式なメールであることは間違えなさそうです。

wordpressをインストールしているディレクトリだったのですが、特にブログの動作に関して、今のところは問題が発生していません。

このまま無視しても大きな問題はないかとも思ったのですが、念のため、レンタルサーバー側でとっているバックアップデータを、新規のディレクトリを作ってそちらに保管しておくようにお願いしました。

ただ、キャッシュファイルまで含めれば、相当たくさんのファイルがあるはずですので、とても何のファイルが無くなったのかを特定するのは難しいと思います。何をすれば良いか考えてみようと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク