立川の旅券課でパスポートの更新

シェアする

パスポート

現在、10年有効のICチップ付きパスポートを使っているのですが、今年の11月に有効期限がやってきます。国によっては半年間の有効期間が残っていないと入国を認めないという国もあるので、そろそろパスポートを更新しておくことにしました。

都内のパスポートセンターは新宿、立川、有楽町、池袋です。この中で平日の昼間は空いていそうで駅に近そうな場所という選択基準で立川に行くことにしました。

近所のファミリーマートに設置されている証明写真機でパスポート用の写真を準備しました。正直、写真スタジオで撮影すると値段も高いですし、どんな風に写っているか確認しながら撮影するということもできませんので、私は証明写真機の方がすきです。最近の機械は美肌効果機能などがオプションで選べるようになっており、商魂がたくましいと感心しました。私は凝ったことはせずに通常の800円のコースにしました。

証明写真機で撮影すると、何枚かの証明写真が1枚のシートになって出てくると思います。この証明写真は切り離す必要はありません。旅券課の窓口にシートのままで提出すれば旅券課の方できれいに切り取ってくれます。

立川駅の北口側にある駅ビル「ルミネ」の9階にあります。中央のコンコースから真北方向を見て左側の入口から入り、エレベーターで9階に向かいました。

9階にはHISもあり、確かに旅行に関係していそうなフロアの雰囲気があります。パスポートセンターもすぐに見つかりました。

窓口がいくつか並んでいます。立ったまま受付をする「案内」と書いてある窓口と右側には座って受付をする窓口がありました。ただ、座って窓口をする方は番号が表示されるようになっています。推測すると、「案内」と書かれている窓口に行き書類を一通り出してチェックしてもらい、問題なければ番号札を渡されて、自分の番号が来るのを待つというシステムになっていると想像できます。まずは「案内」と書かれている窓口に行ってみると、予想通りの流れになっていました。

注意事項を話してくれるのですが、特に旅券番号が変わってしまうという話しは意外でした。10年間、慣れ親しんだ番号だったので変わってしまうのは残念です。

今回、まだ有効期限満了までには10か月程度ありますが、そのすべては失効という扱いになります。車検の場合は1か月前に受けても有効期限が変わりませんが、パスポートの場合は発行してもらってから10年間の有効期限になります。

1週間ほどで新しいパスポートができるようですので、また時間を作って取りに行きたいと思います。

【2016年1月30日追記】

パスポートセンターは土曜日が休みなのですが、日曜日であればパスポートを受け取ることができるようです。立川IKEAに行くついでに、ルミネのパスポートセンターに寄りたいと思います。

【2016年2月1日追記】

日曜日の午前10時ごろに立川のパスポートセンターへ行きました。本人が引換証とお金(10年旅券は1万6000円)を持っていけば大丈夫です。パスポートセンターの部屋の中に入ると、印紙を売っているコーナーから、「パスポートの引き換えはこちらで最初に印紙を購入してください」と声がかかりました。その指示のとおりに印紙代を払ったところ、引換証に印紙を張り付けてくれました。その引換証をもって窓口に行けばパスポートをその場で出してくれます。パスポートの記載事項をチェックして写真が本人で間違えないことが確認されたら、穴のあけられた古いパスポートと新しいパスポートを一緒に渡してくれました。これでパスポートの更新は完了です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク