大阪王将の「直火で炒めた炒飯」が美味しい

シェアする

最近、冷凍炒飯がとても美味しくなっているような気がします。たまたま、大阪王将の「直火で炒めた炒飯」という商品を調理して食べる機会がありました。OKストアーで安く販売されているようです。

フライパンで炒めるときに油を使わなくて済むのに、意外とぱらぱらとした炒飯が手早くできてしまうのが不思議です。

具はたくさん入っていて、玉子やネギ、チャーシューが入っています。玉子がもっとフワッとしていると本当は良いのですが、冷凍食品だとこのくらいの固さになってしまうのでしょう。

味自体はシンプルな味付けだと思うのですが、逆にそれが美味しいです。ご飯はモチモチとした感じで、ベタッとした感じがありません。私にとってはちょうど良い感じの歯ごたえです。なかなか自分で炒飯を作るとこんな感じではできないと思います。なぜ、冷凍食品の品質がここまで上がったのか不思議になってきます。それはこの大阪王将の炒飯に限った話しではありません。ニチレイをはじめとして各社の商品の品質が上がっていると思います。

以前は冷凍食品というととりあえず食べられるものがないので、仕方なく冷凍食品にするという選択の仕方が多かったと思います。しかし、現在はセブンアンドアイの「つけ麺」やこちらの炒飯など、積極的に選択したい商品が増えてきました。もしかするとお店にとっては驚異かもしれませんが、消費者から見ると素晴らしいことだと思います。

大阪王将 カレーチャーハン 10袋

大阪王将 カレーチャーハン 10袋
価格:3,790円(税込、送料別)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク