格安SIMスターターコード付きの家電批評4月号を購入

シェアする

NTTドコモのiPhone5sを使っているのですが、まもなく2年の縛りが終わります。

2年の縛りが終わるとiPhone本体の月々割も終わってしまいますので、現在はdTV込みで月額3500円ほどで済んでいるものが、月額6500円近くに跳ね上がってしまいます。(iPhone本体は一括無料で購入したので月々割が直接通話料から割り引かれて安くなっています)

こちらが2月までに請求されていた料金です。

こちらが月々割が無くなったあとの料金です。

スマホの維持に6000円もの料金を払い続けることはできないので、この際、格安SIMに乗り換えることにします。すでに、タブレットには昨年末のデジモノステーション付録0-SIM祭りのときに購入したSO-NET 0SIMで運用していますので、格安SIMの利用はこれが初めてではありません。

500MB未満無料のSIM付の デジモノステーションを購入

ふと、12月25日の朝の段階でAmazonで雑誌のベストセラーを見ていると、デジモノステーションが一位になって…

rik.painfo.net

今回、家電批評の4月号にIIJmioの特別SIMスターターコードが付いて発売されるという情報を聞いていたのですが、たまたま寄ったセブンイレブンで家電批評が3冊残っているのを見つけて、家族の分と自分の分で2冊の家電批評を購入しました。1冊680円です。

家電批評 SIM

ページをめくると、こちらの袋とじが付いていました。

こちらには「無料で試せる!500MB試せる!」という表示がありますが、これはSO-NETの0SIMとは異なり、毎月500MB未満の通信までは無料という特典はありません。プリペイド型SIMとして開通手続きの電話をすることで500MBまでは無料で通信ができることと、月額プランに申し込むときの初期手数料が無料になることが特典です。

月額プランに申し込むときにはデータ専用プランのほかに、SMS付きプラン、通話付きプランに申し込むことができるのはメリットです。私自身は通話付きプランに申し込むつもりです。

ほかにメリットとしては、WiFiサービスであるWI2-300も無料で利用することができる点です。実は通っているスポーツクラブではWI2-300のエリア圏内なので、これは助かります。

調べてみると、3月8日に2年ちょうどとなり、この契約満了月の翌月に解約すると違約金が発生しません。従って、4月1日にMNPで他キャリアに移ればよいようです。

二年縛り

ドコモ 契約満了

まだ少しの余裕があるので、この間によく乗換にかんする勉強をしておきたいと思います。

【2016年3月23日追記】

着々と4月1日にdocomoからIIJmioへMNPできるように作戦を進めています。

IIJのファミリーシェアプランに入ることにしました。最大で10GBを10人で分け合うことができます。

通話もできるSIMを家族分含めて先日IIJに申し込みました。

先ほど、SIMを発送したという連絡がありましたので明日には届くのではないかと思います。

4月1日になったら、おうちでナンバーポータビリティの仕組みを使ってMNPを実施します。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク