家電批評4月号のU5000円神イヤホンランキング1位の商品

シェアする

ZH-DX210-CB

家電批評4月号という雑誌を付録のSIMスターターコードほしさに購入しました。こちらの雑誌、単にBIC SIMのスターターコードが付いているだけではなく、掲載されている記事もとても興味深いものでした。

そんな記事の中でも面白かったのは、5000円以下の神イヤホンランキングです。専門家が聞いて判断するだけではなく、実際の周波数特性を実測するという念の入れようです。そんな評価の中で一位になった商品はこちらでした。

ZERO AUDIO(協和ハーモネット)という会社の「ZH-DX210-CB」という商品でした。このZERO AUDIO(協和ハーモネット)という会社自体、初めて聞いた会社です。ネットで調べてみると、公式サイトがありました。

もともとは電線を作っていた会社ですが、2010年からZERO AUDIOというブランドを立ち上げてオーディオ関係製品の発売を始めました。

こちらはダイナミック型のインナーイヤーヘッドフォンで、8.5㎜というドライバーユニットを搭載した重低音もこなすことができるモデルです。

商品紹介ページでは下記の特徴が掲載されていました。

  • 高強度、制振性にすぐれたカーボンファイバーと削り出しアルミとの複合強化ボディー「コンポジットハウジング」を採用。
  • 8.5ミリドライバーユニットを搭載し、量感ある豊かな重低音とクリアに拡がる中高域再生を実現します。
  • ダイナミックフォルムの迫力あるボディーが圧倒的かつ臨場感ある音を奏でます。
  • 伝送ロスが少なくピュアな音源伝送を可能にするOFC(無酸素銅)を使用したフレキシブルケーブルを採用。
  • 左右識別可能な からみ防止スライダー付です。

先日、Bluetooth接続のワイヤレスヘッドホンを購入したばかりなので、現時点ではこちらの商品は購入しませんが、また機会があれば製品購入の候補にしたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク