象印の480mlステンレスボトルを購入

シェアする

sm-xb48

会社で美味しいコーヒーを冷まさずに飲みたかったので、内容量500ml程度のステンレスポットを購入することにしました。Amazonや楽天市場で商品を探してみると、タイガー、象印、サーモスなど有名なメーカーの商品がいろいろと販売されています。値段は2000円から3000円程度の商品が一番多いようです。楽天市場の売り上げランキングではステンレスボトルの部で、500ml程度の製品ではタイガーが一位、象印が二位となっていました。

最初はステンレスボトルなど、そんなにメーカーによる違いは無いだろうと思っていたのですが、商品説明を読んでいると各社ともいろいろな工夫をしていることがわかりました。

そんな中で購入したのが、象印のSM-XB48-TDという商品です。

sm-xb48

こちらで最も工夫されているのは蓋の構造です。

smxb48futa

通常、クルクルと回してあけるタイプの蓋は一周以上しなければいけないことが多いですが、こちらの商品はその1/4、約90度回すだけで蓋をあけることができます。また、ロックボタンが付いていますので、不意の事故を防ぎやすくなっています。蓋を閉めるときにも90度回せばロックが自動的にかかります。

futa

さらに外蓋の内側にある中蓋もロックボタンを押すだけで簡単に取り外すことができますので、簡単に掃除をすることができます。

魔法瓶の内側は二重にフッ素コートが行われていますので、金属部分が錆びにくくなっています。

また基本的な保温能力についても、95度の熱湯が1時間経過しても88度以上、6時間経過しても72度以上を維持することができます。

気になるボトル自体の重さもわずか220gしかありませんので、ペットボトルを持ち歩くときと、そんなに大きな変化を感じることはなさそうです。

実際に商品が届いて使っていますが、期待通りの機能、性能を持ち合わせた商品でした。やはり細かいところに心づかいが行き渡っている日本メーカーの製品は満足度が高いと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク