NTTドコモが2年縛りが切れたあとの新たな料金体系を導入する方針

シェアする

ドコモ

最近、携帯電話会社の料金プラン、特に2年縛りの自動継続の見直しに関する報道が増えてきました。2年縛りは料金を割り引くこととの引き替えに、2年以内に解約したとき、1万円前後の違約金が徴収されてしまう制度です。

従来は最初の2年縛りが終了したあと、また新たな2年縛りが始まる仕組みになっていました。しかし、この自動更新されてしまうことに関して消費者の視点で見ると違和感があります。実際に2年縛りが終わったあとに他社に乗り換えようとする契約者と電話会社の間でトラブルが発生することもあるようです。そんな背景もあり、この制度に関する見直しに対する要請が強まっています。総務省は昨年の7月に大手キャリア3社に対して見直しの要請をしています。

先日は、KDDIが2年縛り終了後の自動更新を廃止する方向であることが報道されました。

auがスマホ契約の2年縛りに関する自動更新を廃止?

THE WALL STREET JOURNAL で「来年度に自動更新見直し=スマホ契約の「2年縛り」—KDDI…

rik.painfo.net

そして今度はNTTドコモが契約後に2年間を過ぎたあとには違約金を払わずにいつでも解約できる新しい料金体系を導入する方向で検討していることがNHKニュースで報じられていました。

NTTドコモとしては契約から2年が経過したあとは新たな2年契約に自動更新することはせずに、違約金を支払わずとも解約できる料金体系にする方向で検討しているそうです。ただし、従来の2年縛りの料金よりも月当たり数百円程度、値段を上げる方向で考えています。

私自身はちょうど今月が2年縛りの契約満了月で来月が解約をしても違約金がかからない月になります。ここで私はMNPを使って格安SIM会社のプランに乗り換えようと思っています。これだけで年あたり、相当の節約になるので助かります。

まだ、ソフトバンクの料金体系に関しては報道されていませんが、何らかの見直しが同様に実施されるのではないかと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク