京王電鉄が座席指定列車を運行

シェアする

京王

京王電鉄は新宿と京王八王子、高尾山口、橋本などを結ぶ東京の私鉄です。Jr中央線と平行して走っている形で都心とベッドタウンを結ぶ大動脈の一つです。

特急、急行、快速等の列車の種別が非常に多いですが、有料の列車は今までありませんでした。

そんな京王電鉄が2018年春に座席指定列車を運行することを発表しました。ちょうど2年後から走り始めることになります。夜間に新宿から京王八王子、および橋本までの区間で運行する方向です。

この座席指定列車には5000 系という新型の車両を使います。座席指定列車として使うとき以外は六人がけのロングシートとして運用して、座席指定列車として運用するときには二人がけのクロスシートに転換できる構造になっているそうです。

各車両には車いす用のスペースやベビーカー用のスペースが準備されています。さらに乗客も利用可能なコンセントが設置されるほか、ブレーキをかけたときに発電した電力をバッテリーに入れて停電時に近くの駅まで走ることもできるようになっています。一編成10 両編成を全部で5編成を作る計画です。毎晩、それなりの本数が運行されることになりそうです。

中央線ではグリーン車を増結する計画がすでにJrから発表されています。都心回帰の影響で多摩地域の人口も減少傾向となることが予想されるため、今後、売上を上げていくためには付加価値を利用者に提供していく必要があるということなのでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク